現代人は慢性的な疲れを抱えている人がほとんど。
仕事や人間関係で精神、肉体両方の疲れを感じていると毎日の生活が大変ですよね。

15億円以上かけられた産官学連携抗疲労プロジェクトで、「イミダペプチドは疲れを取ってくれる」と分かりました。
肉体の疲れは取ってくれそうですが、脳の疲れは取ってくれるのでしょうか?
もし肉体の疲れが取れても脳の疲れが取れなければ、ツラいですよね。

精神が病むと精神病になってしまうかもしれません。
イミダペプチドと脳の疲れの関係を見ていきましょう。

現代人は疲れをためやすい

  • 人間関係
  • 勉強
  • 仕事
  • 通学
  • 通勤
  • 家事

など疲れをためる環境はたくさんあります。

突発的な病気や事故が起きたら、さらに疲れはたまるでしょう。
特に都会の満員電車は大変ですよね。

知らない人と何分も密着し続けなければいけません。
それが毎日二回ある。
通勤だけで疲れたら仕事で全力を出せません。

脳が疲れると大変

脳は全ての器官の司令塔なので、脳をだますと体もだませます。
「ただの木の棒を熱いと思わせると本当にやけどする」という話はよくありますよね。
実際は熱くなくても、脳が熱いと感じれば体も熱く感じてしまいます。

疲労も同じで、実際の疲労と感じる疲労は違うことがよくあります。
脳の疲れを体の疲れだと勘違いしてしまうこともありますよ。
脳が疲れて正確に疲れを把握できない状況ですね。

疲れの原因

これまでは乳酸が疲れの原因だといわれていました。
しかし乳酸は身体機能を活発にすると分かったので、疲れの原因ではありません。

疲れの原因は活性酸素。
体を酸化させて細胞にダメージを与えるので注意してください。
「体がサビる」とイメージすると、分かりやすいですね。

 

 

イミダペプチドは活性酸素を抑制、除去してくれます。
一生付き合っていく体なので、定期的にメンテナンスしてください。

目には見えませんが、あなたの体はすぐにサビているかもしれません。
サビを取ると、これまでの体の重みが嘘のように感じて、本来の力が発揮できるでしょう。

イミダペプチドは疲れがたまりやすい場所にピンポイントに作用し、疲れを取ることも特徴。
体内に入ると一度分解しますが、疲れている所に到着すると再合成します。

人間なら

  • 筋肉

などの場所ですね。

肉体だけでなく、精神の疲れも取ってくれるので安心してください。
忙しくて睡眠時間が取れない人も最近は多いですが、肉体の疲れは寝れば取れます。
しかし精神の疲れは寝ても取れないので、何か疲労対策の方法を持っておきましょう。

ストレス社会といわれる現代を生き抜くためには、精神の疲れを取る技術は必須です。
イミダペプチドなら簡単に精神の疲れも取れますよ。

イミダペプチドが含まれている食材

イミダペプチドは身近な食材にもたくさん入っています。

  • 鶏むね肉
  • 牛肉
  • 豚肉
  • クジラ
  • マグロ
  • カツオ

などにたくさん入っていますよ。

 

 

イミダペプチドは水に溶けるので、ゆでたらゆで汁も飲みましょう。
せっかくイミダペプチドが出ているのに、捨てたらもったいないですよね。

鶏むね肉のスープは特においしいです。
いろいろな調味料でアレンジして、オリジナルのイミダペプチド料理を見つけてください。
料理ができないときはコンビニを利用しましょう。

栄養がたっぷり入ったサラダチキンを食べれば、鶏肉が取れますよ。
毎日イミダペプチドを意識した料理が大変なら、サプリを利用してください。
申し込みやすい初回限定価格のお試しセットがオススメ。

さらに疲れを取る豆知識

現代人の疲れの原因はほとんど動かなすぎ。
動きすぎではないので注意してください。
同じ姿勢を維持していて、運動不足なのに疲れている状態ですね。

 

  • 的疲労
  • 静的疲労

に分けると理解しやすいです。

静的疲労はストレッチなどで定期的に取り除くのがオススメ。
睡眠や栄養にも気を使ってください。