疲れを取ろうとしてサプリを飲む人が多いです。
たしかにサプリだと必要な栄養が入っていて、疲れが取れそうですよね。

けれどもサプリはあくまで普段の食事のサポート。
必要以上に頼ってしまうのは良くないでしょう。

 

 

実は疲れ知らずの体を手に入れられる食材は身近にあります。
鶏胸肉ですね。
気づかずに使わないのはもったいないです。

しっかり有効活用して、疲れ知らずの体を手に入れましょう。

疲れの原因は何なのか

原因が分からなければ、どんな問題でも解決できません。
対処療法だけやっても根本的な原因を解決しなければ、再発してしまうかもしれません。

たとえば肌に、できものができたとします。
とりあえずクリームなどを塗っておけば、ごまかせるかもしれませんが、根本的な解決にはなりません。

クリームを塗らないようになったら、また出てきてしまうでしょう。
さらに化学添加物が入っているなど、クリームの質が悪ければ新たな症状が出てきてしまうかもしれません。

 

 

症状を治そうとしてやったのに、再発どころか悪化したら悲しいですよね。
疲れの原因は活性酸素。
特に脳が正常な働きができなくなることに注意してください。

「体の問題ではないの?」と思うかもしれません。
実は脳の機能が衰え判断を間違えて、脳の疲労を肉体の疲労だと勘違いしていることが、よくあります。

疲れを取りたいなら、まずは脳の活性酸素を取り除きましょう。

 

 

「活性酸素で脳が正常な働きができない」といわれてもイメージできませんよね。
金属などがサビている状態をイメージしてください。
脳は自分ではなかなか見えませんが、「サビている」と考えると、分かりやすいです。

「活性酸素を出さなければいいのでは?」と思うかもしれません。
けれども活性酸素は活動すると必ず出るので、出さないことは無理です。
「大気汚染がひどいから呼吸しないようにしよう!」と言っているのと同じようなもの。

疲れと聞くと、肉体疲労をイメージする人が多いですが、もちろん脳にも影響します。
脳の認知という機能が弱ると、認知症になってしまいますよ。
事象だけでなく背景も知っておくと、いざというときに役立ちます。

疲れの症状

 

  • 落ち込みやすい
  • 集中できない

 

などがよく聞きます。

よく言われる疲労回復法

人間にとって疲労は大きな問題です。
けれども科学的根拠がない方法も多いので注意してください。

栄養ドリンク

「疲れが取れる」と特に勘違いしやすいです。
栄養ドリンクはカフェインやアルコールで疲れを紛らわせているだけ。

感覚が鈍くなるデメリットもあるので気をつけてください。
「疲れているのに疲れていない」と思い込むと、無理をして大変なことになるかもしれません。
普通車の免許しか持っていないのに、「オレはF1の免許を持っている!」と思って、F1の車を運転し、事故を起こすのと似ていますね。

「疲れた!」と相談すると栄養ドリンクを勧める人が多いので、注意してください。

 

 

他に

 

  • ウナギ
  • ニンニク

 

なども科学的根拠がないので、注意しましょう。

疲労回復で一番大切なこと

疲れの原因は活性酸素なので、活性酸素を取らなければ意味がありません。

鶏胸肉を食べよう

活性酸素を抑制、除去してくれる栄養素はイミダペプチド。
イミダペプチドが多く含まれる食品は鶏胸肉。
豚肉や牛肉に比べて3倍ほど多いので、どんな変化が起きるのか楽しみですね。

たとえば渡り鳥は1年で3万km以上飛び続けます、
驚異的な持久力を持っているので、あなたは「鳥のようになりたい!」と思うかもしれません。

けれども当たり前ですが人は鳥にはなれません。
代わりに鶏胸肉を食べて持久力を分けてもらうことはできます。
鶏胸肉は低脂質高タンパクで健康的。

疲労回復以外に健康のためにも食べてください。

他の動物

 

  • マグロ
  • カツオ

 

の尾びれに多く含まれます。

イミダペプチドは1日200mg以上を2週間続けることが大切です。
量と期間を考えながら続けてください。

 

 

イミダペプチドは水に溶けます。
ゆでたら汁を捨てないように気をつけましょう。
見た目はただの水ですが、疲労回復効果のある液体です。

食事だけでなく、睡眠も意識すると、より効果的に疲れが取れるでしょう。