年を取るにつれて疲れやすくなってきました。
寝ても疲れが取れないので原因を調べてみたら、イミダペプチド不足が原因かもしれません。
イミダペプチドは鶏胸肉に多く含まれているようなので、効果的に取る方法を調べてみました。

疲れの原因

そもそも疲れの原因は何なのでしょうか?
人間が活動したら必ず出る活性酸素が細胞を傷つけるからでした。
活性酸素を抑制、除去すれば疲れが取れそうですね。

イミダペプチドは本当に効果があるの?

イミダペプチドは抗酸化作用があり活性酸素を抑制、除去してくれます。
活性酸素は酸化させる力が特に強い酸素なので、抗酸化作用があれば解決してくれますよ。
体の酸化を防ぐので、必然的に健康的な体に近づきます。

イミダペプチドは抗酸化作用だけでなく、抗疲労効果も認められています。
「産官学連携抗疲労プロジェクト」というプロジェクトで多くの

  • 大学
  • 食品会社
  • 製薬会社

が研究に協力しました。

 

 

 

イミダペプチドは体の中に入ると、一度

  • カルノシン
  • アンセリン

という物質に分かれて、疲れがたまっている所で再合成し、活性酸素を除去してくれます。

実際の実験で、イミダペプチドを取ると

  • 体力がつく
  • 回復力が上がる

と分かりました。

鶏胸肉にイミダペプチドがたくさん入っている

休憩なしで何日間も飛ぶ鳥がいます。
鳥の持久力の秘密を調べていると、羽を動かす胸肉の部分でイミダペプチドが見つかりました。
鶏胸肉は食品の中で一番イミダペプチドの量が多いです。

さらに

  • 100g100円ほどと安い
  • タンパク質が多い
  • ヘルシー

とメリットがたくさんありますよ。

どのくらい取れば良いのか

1日に必要なイミダペプチドの量は200mg~400mg。
鶏胸肉は100gでイミダペプチドが200mg入っているので、200g~400g必要ですね。

煮込んだスープがオススメ

鶏胸肉でイミダペプチドを取るには煮込んだスープが良いですね。
イミダペプチドは水に溶けるので、スープを捨てないように注意してください。

おいしくするために、あくを取ることも忘れずに。
鶏胸肉を20~30分ゆでるだけなので、簡単ですよ。

もっとおいしくするには

鶏胸肉のスープは単体でもおいしいですが、少し食材を加えるとさらにおいしくなりますよ。

 

  • ゴマ
  • ネギ
  • ショウガ
  • ゴマ油

 

などがオススメ。

これらの食材はあなたの家にもあると思います。
いろいろなアレンジがあるので、挑戦してみてください。

もっと疲れを取るには

食事はおいしさも大切ですが、今回は疲れを取ることが目的です。
もっと疲れを取るために工夫することはあるのでしょうか?
疲れを取るには、クエン酸が効果的です。

クエン酸が多く含まれる

 

  • 梅干し
  • 黒酢
  • レモン

 

などを加えるといいですね。

ずっと同じ味では飽きてしまうので、クエン酸で酸味を加えると良い気分転換になりますよ。

 

 

 

鶏胸肉のスープはおいしいですが、毎回作るのは大変ですよね。
たくさん作っておいて冷凍しておくと便利です。
あとはシチューやカレーに入れてもおいしいですよ。

イミダペプチドは疲れの原因を根本から解決するので、少し時間がかかります。
2週間以上続けるようにしてください。

他の動物にはイミダペプチドが入っているのか

イミダペプチドの量は鶏胸肉が一番ですが、飽きてしまうかもしれません。
他の食品にもイミダペプチドが入っているので、たまには鶏胸肉以外を食べてもいいでしょう。

 

  • カツオやマグロの尾びれ
  • 牛肉
  • 豚肉

 

にイミダペプチドが多く含まれています。

あと疲れを取るために人間はどこにイミダペプチドが多く含まれているか知っておきましょう。
人間は脳にイミダペプチドが一番たくさん含まれています。
「疲れやすいところにイミダペプチドが多い」と覚えておけば、いろんな動物で応用が利きますよ。