「どれだけ寝ても疲れが取れない」とあなたは感じたことはありますか?
疲れが寝て取れれば良いですが、慢性的な疲労は大きな問題です。

毎日疲れを感じながら生活し、

  • 勉強
  • 仕事
  • スポーツ
  • 人間関係

で自分の力を精いっぱい発揮できないのですから。
「自分の可能性を制限しながら生きている」
こう言っても良いでしょう。

慢性疲労はできるだけ早く取り除いてください。
疲労回復で最近注目を集めているのがイミダペプチドです。

「イミダペプチドを取るか取らないか」であなたの疲れ具合は大きく変わります。
食材の中でイミダペプチドが一番含まれている鶏胸肉を上手く使って、疲れを解消しましょう。

鶏胸肉の力とは

鳥は休憩なしで1万kim以上飛び続けるので、圧倒的な体力を持っているといえるでしょう。
北海道から沖縄まで約3000kimなので、1往復半する計算ですね。
私たち人間は歩いてはもちろん、飛行機や新幹線を使っても1往復半をするときは休憩が必要です。

鳥はなぜ1万km以上も飛び続けられるのでしょうか?
その秘密が飛ぶときに一番酷使する部分の胸にイミダペプチドが多く含まれているからです。
「鶏胸肉を食べてイミダペプチドを摂取すれば、疲れ知らずの体を手に入れられる」と思ってください。

ちなみに鳥と鶏の違いを知っていますか?
鳥はペンギンや白鳥も含みますが、鶏はニワトリだけです。
知っておくとどこかで使えるかもしれませんね。

あなたもイミダペプチドを持っている

イミダペプチドは鳥以外も持っています。

 

  • マグロの尾びれ
  • 人間の脳

に多く含まれていますよ。
「一番疲れる部位にイミダペプチドが多く含まれている」と思ってください。

人間は腕や足よりも脳が疲れやすいと知って驚きました。
たしかに体が休んでいても、頭でなにか考えていることは多いですよね。

 

 

人間は元々イミダペプチドを持っているのに、どうして鶏肉から取るのでしょうか?
30代→70代になるとイミダペプチドの量が3分の1になり、不足し外から取り入れる必要があるからです。
若いときは疲れにくかったのに、年を重ねるにつれて疲れやすくなるのはイミダペプチドが原因でしょう。

疲れの原因とは

疲れを取るために、まずは原因をしっかり把握しておきましょう。
原因を知らなければ、手あたり次第に良さそうなものを試して無駄な遠回りをしてしまう可能性がありますので。

疲れの原因は活動するときに発生する活性酸素で、物質を酸化させやすい酸素と思ってください。
金属が錆びてしまった場面を想像しましょう。
変色して使い物になりませんよね。

人間の体も同じで酸化してしまうと、細胞にダメージを与え機能が低下します。
疲れを取るには活性酸素を抑制、除去する必要があります。

 

抗疲労物質のイミダペプチドは活性酸素を抑制、除去する効果がありますよ。
大阪市立大学医学部の疲労医学講座の実験で、イミダペプチドを取ると

 

  • 体力がついた
  • 疲れが取れやすくなった

 

という結果が出ました。
今回話しているのは机上の空論ではなくデータとしてあるので、実験結果はあなたの未来だと思ってください。

大学の疲労医学講座を作るほど、疲れは人間にとって大きな問題です。
「ちょっとくらい疲れてても大丈夫」と疲れを甘く見ないようにしましょう。

イミダペプチドを鶏胸肉で取る3つのメリット

[1]イミダペプチドが圧倒的に多い

イミダペプチドは

 

  • サバ
  • イワシ
  • カツオ

 

などたくさんの動物や魚が持っています。

しかし断トツで多いのはやっぱり鶏胸肉で、調べてみたら他の動物や魚の2~3倍のイミダペプチドを含んでいました。
効率よくイミダペプチドを取るなら鶏胸肉をオススメします。

[2]安い

どんなに健康に良い食材でも高ければ、食べ続けられません。
鶏胸肉は100gあたり50~100円で売っているので、一品料理としてピッタリですよね。
1日に必要なイミダペプチド200mgを鶏胸肉100gで取れます。

理想は200mg~400mgなので、

 

  • 鶏胸肉を少し増やす
  • 他の食材で補う

 

をすれば最高ですね。

[3]脂肪が少ない

肉を食べるというと、どうしてもカロリーが気になってしまいます。
しかし鶏胸肉は100gで100kcal(キロカロリー)前後なので、ダイエット中でも安心して食べられます。
筋トレにも使われる食材なので、健康体を手に入れるために鶏胸肉は欠かせません。

水に溶けるから注意

イミダペプチドは熱で破壊されませんが、水に溶けるので注意してください。
鶏胸肉を茹でたお湯を捨てると、イミダペプチドを捨てるのと一緒なのでもったいないです。
茹でたお湯はスープにして一緒に飲むのが良いですね。

どのくらいの期間、取れば良いの?

イミダペプチドは1日に200mg~400mgを2週間取ってください。
研究でも2週間以上取った人が効果を実感しやすいと分かっています。
鶏胸肉でいうと、1日100g~200gですね。

「毎日食べるのは大変」という人は、サプリを使うと手軽にイミダペプチドを摂取できます。
「イミダペプチドのサプリが便利すぎ!実際に購入した結果とは?」の記事はこちら