イミダペプチドは王様のブランチというテレビ番組でも紹介されました。
最近話題になっているのでぜひ欲しいのですが、確証マークが欠かせないらしいです。
ただのマークだと思うのですが、どんな意味があるのでしょうか?

調べていったらこのマークに大切な想いが込められていたので紹介させてください。

確証マークがついているイミダペプチド

あなたは確証マークがついたイミダペプチドの商品を見たことがありますか?
イミダペプチドは最近人気でいろいろな商品があるので、見たことがないかもしれません。

日本予防医薬という会社のイミダペプチドはドリンク、カプセル両方に確証マークがついています。
この確証マークの意味はイミダペプチドが200mg以上入っているということ。

なぜ確証マークが大事なのか

「イミダペプチドが200mg以上入っていることが確証マークの意味」と言いましたよね。
実はイミダペプチドの摂取目安量は1日200mg~400mgで、足りなければ効果を感じられません。
「効果が出る量をしっかり摂取してもらうために、確証マークがある」と言っていいでしょう。

確証マークがあれば、イミダペプチドが十分な量入っているか一目でわかりますからね。

チキンエキスに注意

「イミダペプチドが十分な量入っていると確証マークが貼ってある」と言いました。
逆にいえばイミダペプチドが十分な量入っていない商品があるということ。
イミダペプチドが十分な量入っていない商品をいくら飲んでも効果は感じにくいので注意してください。

イミダペプチドが有名になり十分な量入っていない類似商品が増えています。
代表的なのがイミダペプチド含有チキンエキスですね。

イミダペプチドが1mgでも入っていればイミダペプチド含有チキンエキスと表現できます。
しかし1mgでは摂取目安遼200mgに届きません。

 

 

これほど極端ではないですが、チキンエキスはイミダペプチドの含有量が10分の1ほどです。
「イミダペプチド含有チキンエキス200mg」とあっても、イミダペプチドは20mgほどしか入っていないので注意してください。

大切なのは「チキンエキスがどれだけ入っているか」ではなく、「イミダペプチドがどれだけ入っているか」です。

値段が安くてもイミダペプチドの量が少なければ、効果を感じられないので意味がありません。
表を見るだけでは純粋なイミダペプチドが入っているのか、チキンエキスしか入っていないのか分からない商品もあります。

 

 

 

消費者の目を惑わすためにわざと誤解されやすいように表記している会社もあるかもしれません。
裏の成分表を見ないと純粋なイミダペプチドかチキンエキスか分からないのは困りますよね。
多くの人は誤解して「チキンエキスを買って効果がない」と言っています。

確証マークは誤解されやすいチキンエキスの商品を排除するために作られました。
イミダペプチド市場で粗悪な商品が出回らないために、確証マークがついた商品を選びましょう。

 

 

確証マークがついた商品は総合医科学研究所の試験を突破しているので、安心して買ってください。

イミダペプチドがしっかり入っている会社

イミダペプチドがしっかり入った商品を選びたいですよね。
先ほどお話しした日本予防医薬が一番オススメですが、DHCもオススメ。
イミダペプチドの商品を選ぶときは「イミダペプチドがしっかり入っているか」を重視してください。

イミダペプチドが入っていないイミダペプチドの商品は、カツが入っていないカツ丼と一緒です。

機能性表示食品にも認定

日本予防医薬のイミダペプチドは、イミダペプチドがしっかり入っているだけでなく、機能性表示食品にも認定されています。
日本政府から効果を認められた証拠なので、信用できますね。

イミダペプチドを取れば効果を感じるのは当たり前です。
外れをひかないように効果を認められた日本予防医薬のイミダペプチドを使ってほしいです。