イミダペプチドは王様のブランチというテレビ番組でも紹介されました。
最近話題になっているのでぜひ欲しいのですが、確証マークが欠かせないらしいです。
ただのマークだと思うのですが、どんな意味があるのでしょうか?

調べていったらこのマークに大切な想いが込められていたので紹介させてください。

イミダペプチドとは

正式名称はイミダゾールジペプチドです。
ジペプチドは「二つのアミノ酸がくっついている」という意味。
呼びやすいようにイミダペプチドといわれています。

1900年に初めて発見し、時が経つにつれて人気が高まってきました。

現代では

  • テレビ
  • 雑誌
  • ネット

などで引っ張りだこです。

「どのように取るの?」と心配になるかもしれませんが、動物食品に含まれているので安心してください。

どんな力があるのか

  • 体のサビを取る
  • 回復力を上げる
  • 集中力が続くようにする
  • 睡眠の質を上げる
  • リラックスさせる
  • 認知症を予防する
  • 怪我を防ぐ
  • 疲れにくい体にする

力がありますよ。

確証マークがついているイミダペプチド

あなたは確証マークがついたイミダペプチドの商品を見たことがありますか?
イミダペプチドは最近人気でいろいろな商品があるので、見たことがないかもしれません。

日本予防医薬という会社のイミダペプチドはドリンク、カプセル両方に確証マークがついています。
この確証マークの意味はイミダペプチドが200mg以上入っているということ。

なぜ確証マークが大事なのか

「イミダペプチドが200mg以上入っていることが確証マークの意味」と言いましたよね。
実はイミダペプチドの摂取目安量は1日200mg~400mgで、足りなければ効果を感じられません。
「効果が出る量をしっかり摂取してもらうために、確証マークがある」と言っていいでしょう。

1日200㎎~400㎎というのは、政府もかかわった産官学連携抗疲労プロジェクトで判明しました。
さまざまなデータもあるので、信頼していいでしょう。

確証マークがあれば、イミダペプチドが十分な量入っているか一目で分かりますよね。

純粋なイミダペプチドを取る

イミダペプチドは人気だからこそ、粗悪な商品も出てきました。
「人気の証」と聞くとうれしいですが、粗悪な商品は買いたくありません。

「この商品は買ってもいいのか」を見分けるポイントは純粋なイミダペプチドの量です。
「200mg以上入っているか」をしっかり確認しましょう。
イミダペプチドが不十分な商品には注意してください。

チキンエキスに注意

「イミダペプチドが十分な量入っていると確証マークが貼ってある」と言いました。
逆にいえばイミダペプチドが十分な量入っていない商品があるということ。
イミダペプチドが十分な量入っていない商品をいくら飲んでも効果は感じにくいので注意してください。

イミダペプチドが有名になり十分な量入っていない類似商品が増えています。
代表的なのがイミダペプチド含有チキンエキスですね。

イミダペプチドが1mgでも入っていればイミダペプチド含有チキンエキスと表現できます。
しかし1mgでは摂取目安量200mgに届きません。

 

 

これほど極端ではないですが、チキンエキスはイミダペプチドの含有量が10分の1ほどです。
「イミダペプチド含有チキンエキス200mg」とあっても、イミダペプチドは20mgほどしか入っていないので注意してください。

20mgしかイミダペプチドを取っていないのに、疲労回復しようとするのは無理です。
5円しか持っていないのに、コンビニで「10円のうまい棒を売ってくれ!」と言っているのと一緒。

何か結果が欲しければ、対価が必ず必要ですよね。

 

 

大切なのは「チキンエキスがどれだけ入っているか」ではなく、「イミダペプチドがどれだけ入っているか」です。

値段が安くてもイミダペプチドの量が少なければ、効果を感じられないので意味がありません。
表を見るだけでは純粋なイミダペプチドが入っているのか、チキンエキスしか入っていないのか分からない商品もあります。

 

 

 

消費者の目を惑わすためにわざと誤解されやすいように表記している会社もあるかもしれません。
裏の成分表を見ないと純粋なイミダペプチドかチキンエキスか分からないのは困りますよね。
多くの人は誤解して「チキンエキスを買って効果がない」と言っています。

確証マークは誤解されやすいチキンエキスの商品を排除するために作られました。
イミダペプチド市場で粗悪な商品が出回らないために、確証マークがついた商品を選びましょう。

 

 

確証マークがついた商品は総合医科学研究所の試験を突破しているので、安心して買ってください。

食品なら、鶏胸肉100gを食べれば、イミダペプチド200㎎取れますよ。

イミダペプチドはもともと人間の体内にもあります。
けれども、年を取るにつれて

  • イミダペプチドを作る能力が衰える
  • 動物性食品を食べなくなる

ので、食品やサプリなどで外部から取る必要があります。

イミダペプチドがしっかり入っている会社

イミダペプチドがしっかり入った商品を選びたいですよね。
先ほどお話しした日本予防医薬が一番オススメですが、DHCもオススメ。
イミダペプチドの商品を選ぶときは「イミダペプチドがしっかり入っているか」を重視してください。

イミダペプチドが入っていないイミダペプチドの商品は、カツが入っていないカツ丼と一緒です。

機能性表示食品にも認定

日本予防医薬のイミダペプチドは、イミダペプチドがしっかり入っているだけでなく、機能性表示食品にも認定されています。
日本政府から効果を認められた証拠なので、信用できますね。

イミダペプチドを取れば効果を感じるのは当たり前です。
外れをひかないように効果を認められた日本予防医薬のイミダペプチドを使ってほしいです。

鶏肉にイミダペプチドがたっぷり

イミダペプチドはサプリで取るのが簡単ですが、食品からも取れます。
普段の食事でもイミダペプチドを意識すると、疲労回復効果が高まるでしょう。

渡り鳥は何週間もかけて1万km近く休憩なしで飛び続けます。
1年でいえば10万km近く移動します。
なぜ、何週間も休憩なしで飛べるのでしょうか?

胸肉に秘密がありました。

胸肉に注目

胸は羽を動かす大切な部分です。
人間にとっても手を動かすので、大事ですよね。

鳥は胸肉にイミダペプチドをたくさん持っているので、長時間羽を動かしても疲れがたまりにくいです。
鶏胸肉は特に多く、食品の中で一番の含有量。

鶏胸肉100gでイミダペプチド200mg取れますよ。
1日に必要な量は200mgなので、鶏胸肉100g取れば十分ですね。

 

 

人気の秘密はイミダペプチドの含有量だけではありません。
「100g80円ほど」と安いのも大きな魅力。

鶏胸肉の料理といえば、サラダチキンを好きな人が多いですね。
サラダチキンは自分で作るほうがオススメ。
コンビニやスーパーや作るときに、ゆで汁にイミダペプチドが流れ出てしまっている可能性があります。

1日200㎎以上のイミダペプチドが取れなければ、いくらサラダチキンを食べても意味がありません。

イミダペプチドをしっかり取れるオススメ料理は

  • スープ
  • カレー

ですね。

他の動物もイミダペプチドを持っている

イミダペプチドが含まれているのは鶏胸肉だけではありません。

マグロの尾びれ

マグロは一生泳ぎ続ける魚。
100gでイミダペプチド80㎎取れますよ。

カツオの尾びれ

100gでイミダペプチド76㎎取れます。
鶏胸肉よりは少ないですが、食品の中では多いほうですね。

牛のモモ

100gでイミダペプチド60㎎取れます。

イミダペプチドは200㎎~400㎎を2週間以上取る必要があります。
飽きないようにいろいろな料理を組み合わせてください。

人間も

  • 臓器
  • 神経
  • 筋肉

など、全身にイミダペプチドを持っています。

中でも一番多いのは脳ですね。

イミダペプチドの特徴

ピンポイントで効く

イミダペプチドは体内に入ると、血管を通りやすくするために二つのアミノ酸に分解します。
せまい道で2人が手をつなぎ横に並んで歩くよりも、1人ずつ歩いたほうが通りやすいのと一緒ですね。

イミダペプチドは全身を巡り、疲れがたまっている部位を見つけると再合成します。
休憩なしで24時間働いていて、働き者ですね。
人だったら「ブラック企業」といわれるかもしれません。

熱に強い

酵素などの成分は加熱すると壊れてしまいます。
イミダペプチドは

  • 煮る
  • 焼く
  • 蒸す

など、加熱しても問題ありません。

けれども長時間直接炙ると、成分が壊れるので注意してください。

水に溶ける

蒸したり茹でたりしたら、出た水分も一緒に取りましょう。
見た目はただの水かもしれませんが、疲れを取る不思議な液体です。

自分で調理するのが、めんどくさいときってありますよね。
「イミダペプチドが200mg~400mg入っているかな」と計算するのも大変。
そんなときは日本予防医薬のサプリを使いましょう。

200mg以上入っている証拠に確証マークがついています。
総合医科学研究所が、しっかり検査しているので安心。

 

 

  • ソフトカプセル
  • ドリンクタイプ

と、品ぞろえも豊富ですよ。

イミダペプチドを調べてみた

1991年から「抗疲労食薬開発プロジェクト」という名前で研究しています。
名前の通り疲れを取る食品や薬を見つけるプロジェクトですね。

  • グッズ
  • 食品
  • 環境

など、「疲れを取る」といわれるものを徹底的に調べました。

かかった費用は合計で30億円以上。
一つ一つ見ていきましょう。

厚生省研究

3年で1億円かけました。

文部科学省研究

6年で14億円かけています。

産官学連携抗疲労プロジェクト

3年で15億円必要でした。
現代日本にとって疲れは大きな問題です。
「何か対策を立てなければ」と考え、時間とお金をかけました。

  • 厚生労働省
  • 文部科学省
  • 大学
  • 地方自治体
  • 食品会社
  • 製薬会社

などが協力。

 

 

「疲れを取る」といわれる成分を23種類用意し、研究します。
人体実験もして、6種類に絞りました。
結果としてイミダペプチドがNo1。

「疲れを取る成分」として世界で初めて認められます。
イミダペプチドは栄養ドリンクのカフェインやアルコールのようにごまかすのではありません。

疲れの原因「活性酸素」を抑制、除去してくれます。
精神的疲労も取り除くので、一度試してほしいですね。
活性酸素は老化の原因にもなるため、若返りたいならイミダペプチドがオススメ。

 

 

抗酸化物質は他にもあります。
けれどもイミダペプチド以外の成分は満遍なく全身に力を使ってしまうので、威力が弱いです。

イミダペプチドはピンポイントで疲れを取るので、威力抜群。

体内に入ると、まず

  • アラニン
  • ヒスチジン

に分解します。

疲れがたまっている部位を見つけると、イミダペプチドに再合成し、活性酸素を抑制、除去します。

 

 

イミダペプチドの他にも抗酸化物質を紹介しますね。

  • クエン酸
  • コエンザイムQ10
  • ビタミンC
  • オルニチン

21世紀COE

3年かかったプロジェクトです。
かなりの時間とお金をかけていますね。

1999年の大規模な調査

厚生労働省が調べたので、信頼できるデータです。
中学生の自由研究などのようにテキトーではないので、安心してください。

4000万人以上に協力してもらった調査で、日本人の6割が慢性疲労を感じていました。
「どうにかしなければ」と思い、政府も協力し研究を始めます。

実験1

イミダペプチドを1ヶ月飲んだ後に、自転車運動を4時間やってもらいました。

  • 運動能力が落ちにくくなった
  • 回復力が上がった

というデータが取れました。

実験2

運動をあまりしない日常生活でも調べてみました。
200人以上に協力してもらいました。

イミダペプチドを

  • 取らない
  • 200㎎取る
  • 400mg取る

と、3つのグループに分けます。

疲れにくさを調べると、「何も取らない<200mg取る<400㎎取る」という結果になりました。

 

 

疲れの原因は栄養不足ではありません。
栄養不足が原因だと思って食べすぎたら、消化に負担がかかり余計疲れるので注意してください。

日本予防医薬とは

大阪大学医学部が元の企業なので、知識も経験も豊富です。
化学的根拠を大切にしている所が好感が持てますね。

2009年に日本で初めてイミダペプチドを商品化しました。
2013年には機能性表示食品として認められます。
「国から効果があると認定された」ということですね。

安全なのか

取りすぎの実験

  • イミダペプチド400mgを3ヶ月
  • イミダペプチド1200㎎を1ヶ月

取り続ける実験をしました。

問題は起こらなかったので安心してください。

通常はイミダペプチド200㎎~400㎎を2週間~1ヶ月取ります。
少し多めに取っても大丈夫ですね。
400mg以上は吸収し切れないので、多くても400mgにするのがオススメ。

子どもでも飲める

カフェインやアルコールが入っていないので、子どもでも大丈夫。
ハチミツが入っているので1歳未満は飲まないようにしてください。
腸内菌が十分に育っていないので、ハチミツの成分に対応できません。

いろいろな商品がある

どんなにおいしくても同じ商品ばかりだと飽きてしまいますよね。
日本予防医薬は品揃えが豊富なので、安心してください。
気分転換に定期的に違う商品を取るのがいいでしょう。

ソフトカプセル

84粒

1日4粒なので21日分ですね。
5,250円で売っていました。

120粒

30日分で7,500円。
Amazonでも売っていますよ。

どのくらい飲むのか

ソフトカプセルは1日4~8粒飲んでください。
「具体的に何粒?」と思うときは、疲れの度合いによって量を調整しましょう。

  • 普段は1日4粒
  • 特に疲れたときは朝晩4粒ずつ

にすると良いですね。

余計な成分を入れていない

ソフトカプセルはイミダペプチドが十分に入っていますが、余計な成分は入れていません。
選び抜いた成分ばかりなので、安心してください。

具体的には

 

  • 食用油脂
  • ゼラチン
  • グリセリン
  • ミツロウ
  • 大豆

 

です。

口コミ
飲むにつれて効果を感じるようになった

疲れを根本から解決するので、効果を感じるまでに少し時間がかかるかもしれません。
最低2週間、できれば1ヶ月続けてください。

飲みやすい

毎日鶏胸肉を調理したり買いに行ったりするのは大変ですよね。
一度にたくさん買って放っておいても腐ってしまいますし。
サプリなら調理の手間がかからないので、便利ですね。

1日飲んだけど効果を感じない

1日であきらめるのは早すぎです。
効果を感じるまで続けなければ、効果が出ないのは当たり前です。
最低2週間は続けてほしいですね。

ドリンクタイプ

10本

2,680円で送料は300円です。

30本

1日1本なので1ヶ月分ですね。
7,500円で売っていました。

おいしい

日本予防医薬のドリンクタイプはハチミツとリンゴが入っています。
底にハチミツがたまることがありますが、問題ありません。
トロトロしていておいしいですよ。

味を調えるために

 

  • 酸味料
  • 香料

 

も少し入っています。

取り方

1日に必要なイミダペプチドの量は200㎎~400㎎。
ドリンクタイプ1本でイミダペプチド200㎎取れるので、1日に1本~2本取るようにしてください。

安心

日本予防医薬は品質管理にこだわっているので、安心して飲めます。
成分も体に負担をかけないものばかりです。

アルコールやカフェインが入っていないので、

 

  • 運転前
  • 寝る前

 

など、いつでも飲めるのもうれしいですね。

仕事や運動の前に飲んで、イミダペプチドを補給しておくのがオススメ。

イミダペプチドアスリート

400mgのクエン酸も入っている粉末です。
スポーツドリンクのようにして飲むと、水分補給ができますよ。
ビタミンBも含まれていて、疲れを取りやすいです。

 

  • 週刊誌
  • テレビ番組

 

など、いろいろな所で取り上げられました。

イミダペプチドプレミアム

120粒で9,450円。
1日4粒飲むので、30日分ですね。
イミダペプチドプレミアムは通常版と違い、4粒でイミダペプチド260㎎入っています。

通常版より30%多いですね。
とにかく栄養をたくさん欲しい場合は、プレミアムがオススメ。

状況別のオススメ商品

肌を綺麗にしたい

コエンザイムQ10入りのパイナップル味がオススメ。

ドリンクタイプのハチミツリンゴ味に飽きた

ドリンクタイプは

 

  • ヨーグルト味

 

もありますよ。

持ち運びたい

ドリンクタイプのようにかさばらないソフトカプセルがオススメ。

イミダペプチドをオススメする人

 

  • 目覚めが悪い
  • やる気が出ない
  • 眠気が取れない
  • 行動力が落ちた
  • 体力が落ちている
  • 集中できない
  • 頭が回らない
  • 忘れっぽくなっている
  • 無気力状態になった
  • 常に疲れを感じている
  • 元気に生活したい
  • 勉強や仕事が忙しい
  • 睡眠の質を上げたい

 

追加でビタミンCを取る

ビタミンCを取るとイミダペプチドの吸収率が一気に上がります。

 

  • ライム
  • パッションフルーツ
  • みかん
  • グレープフルーツ

 

などに入っていますよ。

薬局に売っているビタミンC錠でも問題ありません。

疲れは必要

「疲れなければいいのに」とあなたは思うかもしれません。
けれども疲れは「これ以上危ないから気をつけて!」というサインです。
もしサインを出してもらえなかったら、どうなると思いますか?

無理していることに気づかず、命を落としてしまうかもしれません。
働きすぎて命を落としてしまう人もいますよね。

疲れは肉体と精神、両方あります。
両方ともバランスよく取ることが大切ですね。

病気になることもある

疲れそのものは病気ではありません。
もし疲れが病気だったら、スポーツ選手など疲れている人はみんな病人になってしまいますよね。

けれども悪化し疲れが取れなくなると、慢性疲労症候群という病気になります。
ただの疲れだと甘く見ないほうが良いですね。

他に

  • 集中力が続かない
  • 行動力が落ちる
  • ボーっとする
  • 体が痛くなる
  • 老化する

などのデメリットもあります。

 

 

  • 自律神経失調症
  • 動脈硬化
  • 高血圧
  • 肥満
  • 糖尿病
  • 脂質異常
  • ガン

などの症状にもつながるので注意してください。

疲れて注意力が落ちると、怪我することもあります。
定期的にメンテナンスする必要がありますね。

人生の質が落ちる

「どうなりたい?」と聞くと、多くの人は「幸せになりたい」と答えます。
「人生の質を上げる」とも言い換えられますよね。

けれども疲れがたまると、勉強や仕事の効率が落ちてしまいます。
本来の力を出せないのは大問題ですよね。

 

 

たとえば50%の力しか出せていないのに、「自分はダメだ」と落ち込むのはもったいないです。
本来はもっとやれるはずです。
100%の力を出せれば、勉強や仕事が上手くいき、自信を持てるかもしれません。

本来の力以上を出すのは難しいかもしれません。
けれども疲れをためて、本来の力すら出せていない人が多すぎます。

疲れの原因は何だろう

根本から解決する

根本的な原因が分からなければ解決できません。
いくら対処療法をしても、原因を解決していなければ意味がないですよね。

疲れの原因は活性酸素が細胞にダメージを与えること。
活性酸素は活動して酸素を使うと発生するので、出さないことは無理です。
「運動すると多く発生する」と覚えておきましょう。

 

 

  • 日差しが強い
  • 年を取った
  • 睡眠時間が少ない

ときも活性酸素が発生しやすいですね。

乳酸は疲れの原因ではない

「疲れるのは乳酸がたまるからでしょ」と思うかもしれません。
けれども乳酸が疲れの原因ではないことは、証明されました。

むしろ活動のエネルギー源になるので、一定量出ていたほうが良いです。
乳酸がたまるのはただの現象です。
表面的な現象ではなく、根本的な原因の「活性酸素」に注目しましょう。

疲れるメカニズム

頭や体を使うときは、同時に酸素も消費します。
すると、活性酸素が出て細胞を傷つけてしまう。
金属のサビをイメージすると分かりやすいですね。

サビてしまうなら、抗酸化物質を取ればいいです。

疲れを取るには

  • 質の高い睡眠を取る
  • ぬるめの風呂に入る

が有名ですね。

レモン

クエン酸とビタミンCがたっぷりなので、ぜひ取ってください。
レモン水を朝に飲むと、一日がんばれますよ。
体内時計を整える効果もあります。

香りをかぐだけでも疲労回復効果があるので、うれしいですね。
けれども調べてみると、イミダペプチドのほうが疲労回復効果が高いようです。

大阪市立大学が疲れを研究

疲れを取りやすい日本食を発表しました。
2016年に抗疲労レシピ本も出しました。
日本人は日本食で疲れが取れればうれしいですね。

イミダペプチドを普段の食事を中心にして取りましょう。
取れないときはサプリを使ってください。

 

 

  • 普段の食事
  • サプリ

を組み合わせるのが健康的な食事で大切です。