「イミダペプチドは疲れに効果がある」と聞きました。
普段食べるものの中で、どんな食品に入っているのでしょうか?

どうせ食べるなら、できるだけイミダペプチドがたくさん入っているほうがいいですよね。
効率よく疲れを取りたいので、イミダペプチドの含有量が多い食品を調べてみました。

動物性食品にイミダペプチドがいっぱい

鶏肉がオススメ

鳥は1年に何万kmも飛ぶ種類がいます。
わたしたち人間は何万kmも飛ぶのはもちろん、歩くのも大変ですよね。
鳥は桁違いの持久力を持っているといっていいでしょう。

特に胸肉の部分にイミダペプチドがたくさん含まれています。
羽を動かすつけ根の部分で、しっかり疲労回復しているのでしょう。
鶏肉はイミダペプチドの量が牛肉や豚肉に比べて3倍近くあります。

効率を重視するなら、鶏胸肉がオススメ。
イミダペプチドは水に溶けるため、ゆでる場合はゆで汁も飲むようにしましょう。

その他の動物

鶏胸肉が一番イミダペプチドを含んでいますが、毎日食べたら飽きてしまいます。
他にイミダペプチドが多く含まれている動物を調べてみました。

  • 牛肉
  • 豚肉
  • マグロ
  • カツオ

どれも意識すれば食べられる食材ですよね。
特に高価で手が出ない食品ではないため、定期的に取ってください。

どの部位に多く含まれるのか

イミダペプチドが多く含まれる動物や魚は分かりましたが、全ての部位に均等にイミダペプチドが含まれるわけではありません。

「疲れがたまりやすい場所に多く含まれる」と覚えておきましょう。

  • 鳥の胸
  • 魚の尾びれ
  • 人間の脳

などですね。

 

 

イミダペプチドは体内に入ると

  • カルノシン
  • アンセリン

に分解し、疲れがたまっている所で再合成します。

「疲れている部位にピンポイントで効果を発揮する」と考えてください。

ご高齢の方は特に注意

年を取ると体内のイミダペプチドの量が減ります。
動物性食品も食べなくなるため、外からも摂取できません。

イミダペプチドは最低2週間、できれば3週間以上取り続けてください。
料理の時間がなければ、サプリがオススメです。
あなたの生活スタイルに合わせて、いろいろ試してみてください。

日本予防医薬のイミダペプチドに注目

日本予防医薬は日本でイミダペプチドを最初に商品化しました。
15億円以上かけられた産官学連携抗疲労プロジェクトで生まれました。

 

  • 有名大学
  • 製薬会社
  • 食品会社

 

などが協力した一大プロジェクトですね。

量が大切

イミダペプチドは1日200mg~400mg取ってください。
日本予防医薬は200mg以上入っていることを証明する確証マークが貼ってあります。

量が足りなければ効果は出にくいので注意。
イミダペプチド含有チキンエキスは、純粋なイミダペプチドが10分の1ほどしか入っていないため、選ばないようにしてください。

 

  • ソフトカプセルなら4粒
  • ドリンクタイプなら1本

 

でイミダペプチド200mgが取れますよ。

ドリンクタイプが特にオススメ

飲むだけでイミダペプチドが摂取できるのは助かりますね。

 

  • 10本2,680円
  • 30本7,500円

 

で送料350円でした。

できるだけお得に買うなら、定期コースの30本6,750円がオススメ。

 

  • 10%オフ
  • 送料無料

 

なので、コスパが良いですね。

効果はあるのか?

1ヶ月間1日1回

 

  • イミダペプチドが400mg入ったドリンクを飲む
  • 入っていないドリンクを飲む

 

のグループに分けて、自転車運動をしてもらいました。

疲労の回復度合いが違ったので、効果が証明されましたね。

安全性抜群

イミダペプチド

 

  • 400mgを3ヶ月
  • 1,200mgを1ヶ月

 

飲んでもらいましたが、問題ありませんでした。

17万人がこれまで飲みましたが、副作用は報告されていません。
運動する人はもちろん日常生活で疲れを感じる人にオススメ。
体だけでなく精神の疲れも取るため、ストレスを感じやすい現代人にピッタリでしょう。