日本予防医薬のイミダペプチドが欲しいのですが、なかなか見つかりません。
もしコンビニに売っていたら、送料もかからず外出のついでに行けますよね。
今までコンビニで見たことがありませんが、気づいていないだけかもしれないので、調べてみました。

コンビニは日本全国にあります。
もしコンビニに売っていたら、送料なしでイミダペプチドを手に入れられますね。

コンビニに売っているのか

日本にはいろいろなコンビニがあります。

 

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート

 

などが有名ですね。

わたしの近所にあるコンビニを調べてみましたが、日本予防医薬のイミダペプチドはありませんでした。
日本予防医薬のイミダペプチドは200mg入っている確証マークが入っているので、安心して飲めます。
「効果を感じるには1日200mg以上取る必要がある」と覚えておきましょう。

 

 

日本予防医薬のイミダペプチドはありませんでしたが、チキンは売っていました。
鶏むね肉は食品の中で一番イミダペプチドが入っているので、鶏むね肉でも良いでしょう。

サラダチキンなら料理せずにそのまま食べられて楽ですよね。
チキン100gあたり200mgのイミダペプチドが入っているので抑えておきましょう。

「イミダペプチドは水に溶ける」も覚えておいて損はありません。
もし鶏肉をゆでて食べるなら、ゆで汁は捨てないでください。
一緒にスープのように飲むとおいしいですよ。

鳥はイミダペプチドの宝庫

鳥の中には休憩なしで何万キロも飛べる種類がいます。
わたしたち人間は何万キロはもちろん、42.195km走るだけでも大変ですよね。
鳥が長距離飛べる理由はイミダペプチドをたくさん含んでいるから。

特に胸肉にはイミダペプチドが多く、牛や豚の2倍以上!
イミダペプチドのサプリがなくても、食品で取れば問題ありません。
疲れやすい人は、イミダペプチドが多い食品を積極的に取ってください。

イミダペプチドが多い他の食品

 

  • 鳥の胸
  • 魚の尾びれ
  • 人の脳

 

のように、イミダペプチドは疲れがたまりやすい部位に多いです。

 

 

イミダペプチドはどんな食品に多く含まれているのでしょうか?

 

  • カツオ
  • マグロ
  • クジラ

 

などに多いので、積極的に食べてください。

コンビニで支払える

イミダペプチドはコンビニで売っていませんが、ネットで買ってコンビニで支払えます。
日本予防医薬はもちろん、たくさんの会社がネットで販売していますよ。
日本予防医薬なら送られてきてから支払うNP後払いが可能。

詐欺に遭う可能性がないので、安心ですね。
N後払いは

 

  • コンビニ
  • 郵便局
  • 銀行

 

などで14日以内に払ってください。

Amazonでも販売中

日本予防医薬のサイトは初めて使うので、不安な人もいるかもしれません。
たしかに注文方法などを間違えたら大変ですよね。

心配ならAmazonで買ってください。
Amazonならあなたも一度くらいは使ったことがあるでしょう。

ソフトカプセル

84粒のソフトカプセルが3,500円で売っていました。
1日4粒なので、3週間分ですね。
送料無料なのもうれしいです。

ドリンクタイプ

Amazonでドリンクタイプも売っていました。
30mlが10本で送料無料の2,704円。
1日1本なので10日分で、コスパはソフトカプセルのほうが高いです。

しかしドリンクのほうが吸収しやすいので、すぐに疲れを取りたいならドリンクがオススメ。
ドリンクタイプはかさばるため、持ち運ぶならソフトカプセルが良いでしょう。

産官学連携抗疲労プロジェクトとは

産官学連携抗疲労プロジェクトでイミダペプチドは「一番疲れを取る成分」と認定されました。
15億円以上かけられたプロジェクトで、

 

  • 政府
  • 大学
  • 製薬会社

 

などが協力しました。

日本人にとって疲労は、かなり大きな問題なのでしょう。
せっかく実験してくれたのだから、イミダペプチドを使わないのはもったいないですね。
個人で実験するのも大変ですし。

オススメの人

 

  • 疲労対策にいろいろチャレンジしたが、効果がない
  • 元気な体を手に入れたい
  • タンパク質不足を感じる