うつ病は現代社会で無視できない問題です。
あなたもストレスをためていませんか?
一番危険なのは、「ストレスがたまっていない!」と思いこんで、自分で気づいていない人です。

気づかずにためていて、いつか爆発しうつになったら大変ですよね。
「疲れにイミダペプチドが効果的」だと聞いたのですが、どうなのでしょうか?
本当にイミダペプチドでうつが治るのか調べてみました。

疲れとは何なのか

「疲れを説明してください」と言われたらできますか?
なんとなくは考えていても、いきなり聞かれたら答えられないですよね。

他人には分からない

「疲れているんだよ!」と言われても、本当かどうか分かりませんよね。
傷で血が出ていれば分かりますが、疲れは目に見えません。

一目見ただけでは判断できないので、自分が言わなければ誰にも分かりません。
「足がパンパン!」と言われても、触らなければ分かりませんよね。
「なんで分かってくれないの?」と言われても、普通は気づきません。

どんな症状が出るのか

主に

  • 体が重くなる
  • 仕事のスピードが下がる
  • 寝不足

などですね。

「疲れは寝れば取れる」と思う人が多いですが、疲れがたまりすぎると寝れません。
仕事やスポーツで体を酷使した経験があなたもあるのではないでしょうか?
もしかしたら現在も疲れをためながら生活しているかもしれませんね。

しっかりケアする

疲れは悪化すると、

  • 脳卒中
  • 心筋梗塞

につながるので注意。

 

 

手遅れになってからでは遅いので、軽視してはいけません。
もちろんうつ病になる可能性もあります。

うつ秒は主に精神面が疲れていることが原因。
体は疲れていないのに精神が疲れているときは注意してください。

うつ病は病気です。
サボっているだけではないので、しっかり向き合いましょう。
疲れがたまり、幸せホルモンのセロトニンが異常を起こしています。

 

 

幸せホルモンが減ったら、精神病になるのは想像がつきますよね。
定期的な気分転換は必要です。
普段やらないことをするだけでも、精神はリフレッシュします。

1時間ごとに休憩を入れるのも良いですね。
どんなことでも治療よりも予防のほうが簡単です。
疲れがたまって爆発しないように、前もって予防しておきましょう。

疲れがたまる原因

 

  • 働きすぎ
  • ストレス
  • 寝不足

 

などで、自律神経が乱れるのが大きな原因ですね。

イミダペプチドとは

イミダペプチドは機能性表示食品で、国から「疲れを取る効果がある」と認められました。

どんな食品に含まれるのか

 

  • 鶏胸肉
  • カツオ
  • マグロ

 

などの食品に入っているので定期的に取ってください。

1日に必要な量

1日200mg~400mg取ってください。
少ないと効果を感じにくいので注意。
「毎日食品で取るのは大変」と感じる人は、サプリで取ってください。

「イミダペプチドが200mg以上入っている証拠の確証マーク」がついている日本予防医薬が良いですね。

うつには効果があるのか

疲れの根本的な原因は活性酸素。
イミダペプチドが抑制、除去するので、疲れの予防と対策が両方できると考えてください。

イミダペプチドは体だけでなく、精神面の疲れも取ります。
うつが治るとは言い切れないですが、自然に予防や対策ができます。
うつは疲れの延長線上にあるので、事前にケアするのが大切。

疲れを取る他の方法

疲れは一生つきあっていく問題なので、回復方法はたくさん知っておいたほうがいいでしょう。
眠りの質を上げるのは特にオススメ。
寝るときに真っ暗にしてください。

皮膚が光を少しでも感じていると、ストレスを感じて眠りの質が下がってしまいます。
皮膚のストレスを軽視してはいけません。
たとえばピチピチのパジャマだと寝にくいですよね。

時計の光もダメですね。
外が明るい場合はカーテンを閉めるなど、徹底しましょう。