日本政府の調査で日本人の60%が慢性的な疲れを感じているようです。
疲れの原因はこれまでいろいろ言われてきましたが、イミダペプチドが大きな原因だと分かりました。。
30代から70代になると3分の1になるので、積極的に取る必要があります。

イミダペプチドのドリンクタイプを飲みたいのですが、どんな効果があるのか調べてみました。

イミダペプチドとは

ドリンクタイプの前にイミダペプチドはどんなものなのか見てみましょう。
1年で8万km飛ぶ渡り鳥がいて、なぜそんなに長距離を飛べるのか調べてみました。
羽を動かす胸肉に抗疲労物質のイミダペプチドがたくさん含まれていることが分かりました。

日本政府が認めた機能性表示食品なので、信用していいでしょう。

 

 

イミダペプチドは2003年から始まった産官学連携抗疲労プロジェクトで注目され始めました。

 

  • 大阪大学
  • 製薬会社
  • 食品会社

 

などが協力し疲れについて調べ、イミダペプチドが一番疲れに効果があると分かったからです。

ただ興奮させるだけの栄養ドリンクとは違い、疲れの原因を根本から除去してくれますよ。

イミダペプチドの具体的な効果

人間が酸素を吸って活動するとどうしても出てしまう活性酸素を抑制、除去するのが特徴。
活性酸素は細胞を傷つけ体を酸化させてしまいます。

金属のサビをイメージすると分かりやすいでしょう。
金属がサビて折れやすくなるように、わたしたちの体も折れやすくなったら困りますよね。

 

 

疲れがたまると

  • 糖尿病
  • 動脈硬化
  • ガン

などの病気になりやすくなるので、イミダペプチドで活性酸素を定期的に取ることが大切。

 

 

他の抗疲労成分は体内で分解されたらそのままです。
しかしイミダペプチドは体内で一度分解してから、疲れがたまりやすい箇所で再合成するので効果抜群。

肉体だけでなく脳の疲れも取ってくれるので、ストレスをためがちな人にはオススメします。
「脳の疲れも取ってくれるの?」と驚くかもしれないので、イミダペプチドの性質を説明させてください。

イミダペプチドは疲れやすい箇所で再合成します。
人間は特に脳が疲れやすいので、脳で再合成して疲れを取ってくれるのは当然ですね。

 

 

他にもリラックス効果もあるので、「最近忙しくて疲れ切っている」と感じる場合はぜひ取ってほしいです。
不足していたイミダペプチドが補給され、効率的に疲れを取ってくれるでしょう。

疲れがたまると自律神経のバランスが乱れ睡眠の質も下がります。
「最近眠りが浅いな」と感じる場合も取るといいでしょう。

 

 

イミダペプチドの必要な量は1日200mg~400mg。
ドリンクタイプだと1~2本なので覚えておきましょう。

効果を実感できない3パターン

必要な量取っていない

必要な量を取っていなければ効果が実感できないのは当然。
1日に必要な量は200mg~400mgなので、しっかり取りましょう。
これまでドリンク1本しか飲んでいないなら2本に増やしてもいいですね。

注意してほしいのがイミダペプチドが10分の1ほどしか入っていないイミダペプチド含有チキンエキス。
「イミダペプチド含有チキンエキス1,000mg配合!」と書かれていても、純粋なイミダペプチドは100mgしか入っていないので気をつけてください。

できればイミダペプチドがしっかり入った日本予防医薬のドリンクタイプを飲んでください。

続けていない

効果が出るまで続けていなければ効果が出ないのは当たり前ですよね。
最低2週間、できれば1ヶ月続けてみてください。
多くの人は2週間を過ぎるくらいから効果を感じ始めます。

30歳以下

イミダペプチドは30歳くらいから減っていきます。
30歳以下の場合イミダペプチドは足りている可能性があります。

イミダペプチド以外の

  • 睡眠
  • 食事

などに問題があるかもしれないので、確認してみましょう。