忙しい現代人はストレスをためやすいです。
体も心も疲れて大変ですよね。

イミダペプチドは疲れの原因「活性酸素」を抑制、除去してくれて、精神と肉体両方の疲れが取れますよ。
どうせ飲むなら効果を感じやすいタイミングが良いですよね。

いつ飲むのが効果的なのか調べてみました。

イミダペプチドはいつ飲むのが良いのか

疲れる前

  • 運動前
  • 仕事前

などに取りましょう。

これから活動するので疲れを取って体調を万全にしてください。
もし疲れが残っていたらパフォーマンスの質が落ちてしまいます。

たとえば運動前に疲れが残っていたら全力を出せないですよね。
仕事前に疲れが残っていると、とんでもないミスをしてしまうかもしれません。
しっかり疲れを取るためにイミダペプチドを摂取し、疲れの原因「活性酸素」を除去しておきましょう。

 

 

「疲れをためにくくする」という効果もあります。
周りのライバルが疲れていても、イミダペプチドを補給したあなたは疲れにくくなっています。
単純に活動できる時間が増えるので、成果が上がりやすいですよね。

疲れた後

  • 運動後
  • 仕事後
  • 寝る前

など疲れているときにイミダペプチドを取りましょう。

しっかり疲れを取らないと、明日まで疲れが残ってしまいます。
日々疲れをためていったら、いつか爆発して大変なことになるかもしれません。
怪我や病気につながるので、今日の疲れは今日のうちに取っておきましょう。

 

 

 

寝る前にイミダペプチドを取ると、興奮を抑えて睡眠の質が上がりますよ。
疲れすぎていると寝ても疲れが取りきれないので、イミダペプチドでサポートするのがいいでしょう。

特に年を取ると体内のイミダペプチドが減ります。
減ったら外から補充する必要があるので、定期的にイミダペプチドを取ってください。

イミダペプチドは薬と違い、飲むタイミングは決まっていません。
あなたが時間があるときに飲めばいいでしょう。
習慣にするためにも規則的にするのがオススメ。

疲れがたまっている部位で再合成する

イミダペプチドはどのように疲れを取るのでしょうか?
気になったので調べてみました。

イミダペプチドを取ると

  • カルノシン
  • アンセリン

という2つのアミノ酸に分解されます。

 

 

 

疲れがたまっている部位で再合成して、活性酸素を抑制、除去してくれますよ。
活性酸素は活動すると必ず出るので、定期的に除去することは欠かせません。

イミダペプチドはどのくらい必要なのか

1日に必要なイミダペプチドの量は200mg~400mg。

日本予防医薬の

  • ドリンクタイプなら1~2本
  • ソフトカプセルなら4~8粒

ですね。

「イミダペプチド含有チキンエキス」はイミダペプチドが10分の1ほどしか入っていないので注意してください。

栄養ドリンクとどう違うのか

「疲れを取る」といわれたら、栄養ドリンクを思い浮かべる人が多いです。
しかし栄養ドリンクはカフェインなどで一時的に興奮させているだけで根本的な疲れは取れていません。

すぐに効き目が切れてしまうので、あまり意味はないでしょう。
しかしイミダペプチドは違います。

「産官学連携抗疲労プロジェクト」という政府や大学が協力し、15億円以上かけられた大プロジェクトで一番疲れを取る成分だと認められました。
日本政府から機能性表示食品の認可も受けましたしね。

どのくらい飲み続ければいいのか

イミダペプチドは効果を感じるまでの期間は個人差があります。
多くの人は2週間ほどですが、人によってはもう少しかかるかもしれません。

1ヶ月と考えておけば確実でしょう。
イミダペプチドは長期間飲んでも大丈夫なので、安心してください。
疲れの原因を根本から解決するので少し時間はかかりますが、飲むだけなので簡単ですよね。