イミダペプチドが体に良いと聞きました。
実際に使ってみたいですが、「体に良い」だけでは分かりにくいです。

「体に良い」といっても、

 

  • 消化能力が上がる
  • 体が軽くなる
  • 肌が綺麗になる
  • 体がスッキリする

 

など、いろいろありますよね。

 

 

具体的な効果を知らずに「体に良いからやろう!」と思ってしまうと、あなたが求めている効果とは違う効果が出てしまうかもしれません。

たとえばお腹が痛い人に、頭痛が治る効果があっても意味がないですよね。
大切なのは、「今の自分に必要かどうか」です。
イミダペプチドの効能を調べたので、紹介させてください。

イミダペプチドとは

正式名称はイミダゾールジペプチド。
「アミノ酸をまとめて呼んでいる」と思ってください。

イミダペプチドの成分は

 

  • カルノシン
  • アンセリン

 

です。

 

 

イミダペプチドは体内に入ると分解し、疲れがたまっている場所を見つけると再合成します。
「疲れがたまっている場所”だけ”で再合成する」がポイントですね。

ピンポイントで効果を発揮するので、威力抜群。
満遍なく効果を発揮する成分は多いですが、イミダペプチドは必要な場所だけに集中します。

 

 

どんなことでも一点集中が大切です。
たとえばスポーツで考えてみましょう。

「野球もやりたい。サッカーもやりたい。テニスをやりたい」と、いろいろな所に時間を使っている少年がいるとしましょう。

何かのスポーツで大成すると思いますか?
かける時間も情熱も分散するため、全て中途半端になってしまうでしょう。
成分も一緒です。必要な所だけに集中し、欲しい結果を最短で手に入れてください。

どんな効能があるのか

産官学連携抗疲労プロジェクトの実験で、効果があると分かっているので安心して摂取してください。

 

  • 地方自治体
  • 大学
  • 食品会社
  • 製薬会社

 

が協力しているので、信頼性のあるデータでしょう。

 

 

具体的には

 

  • 疲れを取る
  • 回復力を高める
  • 活性酸素を取り除く
  • ストレスを解消する
  • 眠りの質を上げる

 

力があります。

あなたが上記の現実を手に入れたければ、イミダペプチドをぜひ取ってください。
30歳→70歳になると、体内のイミダペプチドの量は3分の1になります。
あなたが年を重ねていればいるほど、取る必要がある成分ですね。

鶏胸肉を食べよう

渡り鳥は1年で10万kmも飛びますよ。
人間では想像できない距離ですね。

長い距離を飛べる理由が胸肉に含まれるイミダペプチド。
食品の中で鶏胸肉が、一番イミダペプチドの含有量が多いです。
鶏胸肉100gを取ると、1日に必要なイミダペプチドの量200mgを取れますよ。

飽きたときはどうすればいいのか

イミダペプチドが多いと分かっても、毎日鶏胸肉だと飽きますよね。
他の食品も組み合わせて、楽しくイミダペプチドを取りましょう。

特に多い食品

 

  • マグロの尾びれ
  • カツオの尾びれ
  • 豚モモ肉

 

どれも普段の食事で取れますよね。
これまではなんとなく食べていたかもしれませんが、これからは意識して取ってください。

イミダぺプチドは疲労回復効果が特に抜群。
あなたが疲れを感じているときは、ぜひ取ってください。

 

 

定期的に取ることも忘れないでください。
イミダペプチドは200mg~400mgを2週間以上取ることが大切。
継続は力なりですね。

イミダペプチドを含む食品は、他に

 

  • イワシ
  • サンマ
  • ブリ

 

などですね。

動物性食品にたくさん入っています。
覚えておくと、疲れたときに役立つでしょう。

イミダペプチドの注意点

水に溶けるので、ゆでたり蒸したりしたときは、水分も一緒に取ってください。
ゆで汁を捨てたら、せっかくのイミダペプチドを捨てることになります。
いくら鶏胸肉などを食べても、水に出てしまっていたら、もったいないです。

ちょっとしたところですが、疲れを取るためには大切なポイントですね。