イミダペプチドは疲れを取るらしいのですが、どのくらいの時間で出るのでしょうか?
すぐに出るといいですが、すぐに元通りになっても困ります。
すぐに戻るのは疲れを取っているのではなく紛らわしているだけ。

けれどもできるだけ早めに効果を感じたいですよね。
イミダペプチドの効果は何時間で出るのか調べてみました。

よく言われる疲労回復法

人間にとって疲労は無視できない問題。
大昔でも疲れが取れなかったら、狩りができません。
狩りができなければ食べるものがないので、命を落としてしまいます。

よくある疲労回復法は科学的根拠がないので注意。
効果があるか分からないものよりも、効果があると分かっているもののほうが良いですよね。
どんな疲労回復法があるのか見てみましょう。

ニンニク

殺菌効果があるので、風邪やインフルエンザにオススメ。
けれども疲労回復効果はあるとはいえないですね。

栄養ドリンク

  • 興奮
  • 覚醒

の作用があり、疲れを紛らわせられます。

けれどもすぐ元通りになるので、根本的な解決にはならないでしょう。

ウナギ

昔の人はウナギに含まれる栄養素が不足していましたが、現代人は十分に取れています。
食生活の変化で、疲労回復効果が薄まりました。

イミダペプチドとは

産官学連携抗疲労プロジェクトで生まれた

日本国民にとって重大な問題なので、政府も協力したプロジェクト。
「疲れが取れる!」と評判の成分を何十種類も集め、調査しました。
イミダペプチドが一位に輝き、話題になりました。

「イミダペプチドってなに?」と思うかもしれないので、イメージしやすい例を出します。
渡り鳥は休憩なしで何日も飛び続けます。
人間が寝ずに何日も歩き続けるのは無理ですよね。

渡り鳥の持久力の秘密を調べていると、羽を動かす胸の部分にイミダペプチドがたくさん入っていることが分かりました。

 

 

鶏胸肉は食品の中でNo1のイミダペプチド含有量を誇ります。
イミダペプチドは疲れがたまりやすい部位に多く、魚の尾びれにもたくさん含まれています。

人間にも含まれていますが、年を重ねると体内のイミダペプチドは減少。
30代→70代で3分の1になるため、ご高齢の方ほど積極的に取る必要があります。

人間でイミダペプチドが一番多く含まれるのは脳。
手や足の疲れの原因は脳の疲れが原因かもしれません。
脳が原因なら、いくら手や足をマッサージしても意味がないですよね。

 

 

脳は

 

  • 勉強
  • 仕事
  • 運動

 

など、全ての司令塔。

イミダペプチドはマッサージのように体の疲れだけでなく、脳や精神の疲れも取ってくれます。

疲れの原因

疲れの原因を一度考えてみましょう。
人間が活動するとどうしても出てしまう活性酸素が大きな原因。
文字通り体を酸化させてしまうので注意してください。

「脳がサビている」と考えると怖いですよね。

どのくらい必要なのか

イミダペプチド200mgを2週間続けてください。
疲れを根本から取るので、少し時間がかかります。
鶏胸肉を食べたりサプリを飲んだりするだけなので、めんどうではないでしょう。

注意するのが、鶏胸肉などをゆでたスープは捨てないこと。
イミダペプチドは水に溶けるので、スープを捨てたらもったいないです。
あくを取って飲むとおいしいですよ。

どんな評判があるのか

元気になった

疲れを取ってくれるので、本来の力を発揮できます。

栄養ドリンクと違う

栄養ドリンクはカフェインなどで、一時的に興奮させているだけです。
興奮するだけでは勉強や仕事の効率は上がらないですよね。
一時的に上がったとしても、長期的に見ればあまり影響はありません。

カフェイン中毒などに注意してください。

朝に飲むと疲れにくい

イミダペプチドは疲れの原因の活性酸素を抑制、除去してくれます。
疲れの予防、対策のどちらにもオススメですね。
イミダペプチドを朝に取ると、一日乗り切る活力が湧いてくるでしょう。