イミダペプチドを意識して食事を選んでいる人は少ないですが、実はイミダペプチドが含まれている食品は身の回りにたくさんあります。
毎日の食事からでも十分に取れるので、「どんな食品に含まれているか?」を考えてみてください。

日本人の30%以上は慢性的な疲労を感じていると実験結果があるので、イミダペプチドを意識して取ることは大切でしょう。

あなたが疲労を感じているなら、イミダペプチドが多く含まれる食品を積極的に取り、疲労を抑制、除去してほしいです。
ランキングで紹介するので、上位の食品から食べるのがオススメ。

イミダペプチドを多く含む食品ランキング

[1]鶏胸肉

筋トレをする人もよく食べていますよね。
高タンパク、低脂質なので体にもいいです。

鶏むね肉は100gでイミダペプチドを200mg摂取でき、

  • マグロやカツオの2倍
  • 牛や豚の3倍

もイミダペプチドが入っていますよ。

 

 

鶏肉の中でも、胸肉が特にオススメ。
イミダペプチドは疲れがたまりやすい部分、鳥なら羽を動かす胸の部分に多く含まれているからです。

食品を取るときも「どこに疲れがたまりやすいだろう?」と考えると、イミダペプチドが多く含まれている部位が分かりますよ。

鶏むね肉は特にアミノ酸「カルノシン」がたくさん入っています。
値段も高くなくてコスパ抜群なので、一度試してほしいです。

[2]マグロ

マグロは食べる部位がたくさんありますが、疲れがたまりやすくイミダペプチドが多い部分は尾びれ。
どうせ食べるならイミダペプチドを多く含む部位を食べてください。

血液を増やす力もあるので、貧血にもオススメします。

[3]カツオ

マグロについで、カツオもイミダペプチドが豊富。
回遊魚は尾びれにイミダペプチドが多く含まれていると覚えておくといいですね。

[3]クジラ

バレニンというアミノ酸がたくさん入っています。
イミダペプチドは鶏胸肉が一番入っていますが、いろいろな食品を食べ分けるといいでしょう。

クジラはイミダペプチドがたくさん入っていますが、スーパーなどではなかなか売っていないですよね。

気軽にイミダペプチドを多くとりたければ、

 

  • 鶏胸肉
  • マグロ
  • カツオ

 

あたりがいいですね。

[5]豚肉

クジラに比べて豚肉はスーパーにも売っているので手に入りやすいです。
特に多いアミノ酸はカルノシン。
イミダペプチドを多く含みますが、脂肪も多いので気をつけましょう。

せっかく疲れにくくなっても、太ってしまったら悲しいですから。

[6]羊

羊もなかなかスーパーなどに売っていませんが、イミダペプチドは多め。
多く含まれるアミノ酸はカルノシンとアンセリンです。
もし機会があったら積極的に食べてください。

他の食品

イミダペプチドは人間の骨格筋や脳にもあるように、多くの動物に含まれています。
他にはどんな食品に含まれているのか見てみましょう。

 

  • イワシ
  • ブリ
  • サンマ

意外と身近な食品にも含まれていますね。
イミダペプチドの量も大切ですが、飽きてやめないように順番に食べることをオススメします

イミダペプチドを取るときの注意点

栄養はバランスが大切なので、野菜なども取るようにしてください。
イミダペプチドは水に溶けるのも覚えておきましょう。
もしスープにするなら、イミダペプチドが溶け出すのでスープも飲んでください。

油で調理するとカロリーが高くなってしまうのも注意。
高タンパク低脂質になるように意識しましょう。

サプリもオススメ

どうしても食品だけでは1日に必要なイミダペプチドの量200mg~400mgを取るのは大変です。
いちいちイミダペプチドの量を計るのもめんどくさいですし。

忙しい人は特にサプリで取ることをオススメします。
イミダペプチドの量が簡単に分かりますし、料理の手間がかからないので楽ですよ。

イミダペプチドは1日2日取っても、効果は実感しにくいです。
最低2週間は続けて取るようにしてください。