イミダペプチドの商品はたくさんあって、どれを選べばいいか分かりませんよね。
「これも良さそう。でもあれも良さそう」と思っていると時間だけが過ぎてしまいます。

私は3つの理由があるのでイミダペプチドの最大手「日本予防医学」をオススメします。
他の商品はイミダペプチドの量をごまかしていることもあるので注意してください。日本予防医学はテレビや新聞のメディアにも出演し、実験データも公開しているので信用して良いでしょう。

それではさっそくなぜ私が日本予防医薬をオススメするのかをお話ししていきます。

日本予防医薬とは

あなたは日本予防医薬という名前をあまり聞いたことがないかもしれません。
日本予防医薬は大阪大学医学部が原点で、1996年にできた会社です。
「日本人の疲れを取ってあげたい」という一心で研究を続けてきました。

たしかに疲れていたら

  • 勉強
  • 仕事
  • スポーツ

のパフォーマンスが下がってしまいます。

 

 

勉強のパフォーマンスが下がったら

  • 試験に失敗する
  • 脂肪の大学に行けない

 

仕事のパフォーマンスが下がったら

  • 給料を減らされてしまう
  • 昇進のチャンスを逃す

 

スポーツのパフォーマンスが下がったら

  • 大切な大会で後悔する
  • ちょっとした気のゆるみで怪我する

と良いことがありませんよね。

 

運転中に疲れで居眠りをしてしまったら、命に係わる重大事故を起こしてしまう可能性もあります。
暗い性格だと思われて人間関係が悪くなってしまうこともあるかもしれませんね。

あなたも「慢性疲労が取れたらどうなるだろう?」と考えてみてください。
やりたいことを精いっぱいできると思いませんか?
多くの人が慢性的な疲れを抱えながら生きているので、疲れを取って最高のコンディションを手に入れれば周りのライバルに勝つのは難しいことではありません。

日本予防医薬をオススメする3つの理由

[1]メディアにたくさん出ている

日本予防医薬のイミダペプチドはたくさんのメディアに出ています。
あなたが知っているメディアもたくさんあると思いますよ。
どんなメディアに出ているか見てみましょう。

テレビ

  • 世界一受けたい授業
  • 本当は怖い家庭の医学
  • ためしてガッテン

全て有名な番組ですよね。
効果がない商品を宣伝したら番組の制作側も被害を受けてしまうので、しっかり下調べをしています。
少しでも問題があったら番組に出れないので、イミダペプチドは信頼できるといえるでしょう。

CM

CMを放送するには15秒で1万円~80万円前後の費用が必要です。
製作にもお金がかかるので、日本予防医薬はイミダペプチドにかなり自信を持っているのでしょう。

雑誌

  • 週刊文春
  • BIG tomorrow
  • 日経トレンディ

伝統のある有名な雑誌ばかりなので、あなたも読んだことがあるかもしれません。

新聞

  • 日本経済新聞
  • 毎日新聞
  • 読売新聞

地方の中途半端な新聞ではなく全国紙ばかりですね。
日本予防医薬の「日本中の疲れている人を救いたい」という思いが、多くの人に届いてほしいです。

[2]安全性に気を使っている

イミダペプチドのサプリは口に入れる物なので、安全性は重要です。
作っている途中で有害な異物が混ざったら大変ですよね。

日本予防医薬は購入者に負担がかからないようにコストを抑えつつ

 

  • 製造
  • 品質
  • 衛星

 

に厳しい基準を持っていますよ。

具体的には

 

  • 機械と人間で二重検査をする
  • 手洗い、メガネ、マスク、手袋を徹底する
  • 工場に入るときにエアシャワーや特殊なフィルターを使い、ほこりが入らないようにする

などですね。

 

 

余計な成分を入れていないことも特徴です。

 

  • 良い匂いにする香料
  • 見た目を良くする着色料

 

が入っていません。
有害な化学添加物が多いので、余計な成分をそぎ落とし、選び抜いた原材料を使っています。

 

「いくら良い成分でも取りすぎたらダメじゃないの?」と不安な人もいるかもしれません。
イミダペプチドの摂取量の目安は1日200mg~400mgを2週間以上続けることですが、6倍摂取する実験をしました。

具体的にはイミダペプチド

 

  • 400mgを12週間
  • 1200mgを4週間

 

摂取しましたが、問題は起きませんでした。
摂取量の目安を守っていれば、問題は起きないでしょう。

[3]根本的な疲れを解決する

疲れを取る商品というと、栄養ドリンクを思い浮かべるかもしれません。
栄養ドリンクはカフェイン、アルコールで一時的に興奮するだけで、根本的な疲れを解決できません。
どれだけ一時しのぎをしても意味はないでしょう。

しかし日本予防医薬のイミダペプチドは、日本政府も関わった「産官学連携抗疲労プロジェクト」で抗疲労物質として認定されました。
「疲れが取れる」と評判の23種類の物質の中で1位になったので、効果があるといえます。

 

 

「気合いが足りないんだ!」という精神論はもう古いし、無理すると怪我をしたり病気をしたりする可能性も。
イミダペプチドの効果は科学的根拠で証明されているので安心して利用してください。

しかしイミダペプチドも十分な量、十分な期間摂取しないと効果は出ません。
1日200mg~400mgを2週間以上取るようにしましょう。

「イミダペプチド含有エキス」は、純粋なイミダペプチドが10%前後しか入っていないので、注意してください。
「イミダペプチド含有エキス400mg入っています!」と書いてあっても、純粋なイミダペプチドは40mgしか入っていないので、もちろん効果は出ません。

「純粋なイミダペプチドが200mg以上入っているかどうか」は確証マークで判断するのが良いですね。

1-2-300x225 日本予防医薬のイミダペプチドをオススメする3つの理由

1-2-300x225 日本予防医薬のイミダペプチドをオススメする3つの理由

これらは日本予防医薬の商品です。
日本予防医薬が確証マークを使っているのは、消費者を「イミダペプチドの量をごまかしている悪い会社」から守ろうとする目的もあるでしょう。
根本的な疲れを解決したいなら、日本予防医薬の商品を使うことをオススメします。