「イミダペプチドは疲れに効果的」と聞きました。
疲れを取ってくれるなら、ぜひ試してみたいです。
機能性表示食品にもなっているので、国からも効果を認められました。

けれども「疲れを取る方法には嘘もある」と言われました。
イミダペプチドはどうなのでしょうか?
もし嘘だったら困りますよね。

国からも認められているので、嘘ではないと思いますが。
イミダペプチドの効果は嘘なのか調べてみました。

現代人は忙しい

昔の人も忙しかったと思いますが、現代人も暇ではありません。
肉体だけでなく、

  • 精神

など、体のあらゆる所に疲れがたまります。

疲れがたまったままだと、やる気が出なくて、本来のパフォーマンスが出せません。
たとえば疲れ切っている状態で、勉強や仕事をしても効率は悪いですよね。

あなたも経験があると思います。
ただ時間だけが過ぎていくのは、命を削っているのと同じです。
疲れを取って限りある時間を有意義に使う必要があるでしょう。

 

 

 

最高のパフォーマンスを出すためには、最高の精神と肉体が必要。
イミダペプチドは肉体だけでなく、精神の疲れも取ってくれますよ。
ストレスをためがちな現代人にピッタリですね。

→イミダペプチド・効果を感じやすいドリンクタイプの公式サイト
0 イミダペプチドで疲れが取れるのは嘘なのか
→イミダペプチド・持ち運びやすいソフトカプセルの公式サイト
0 イミダペプチドで疲れが取れるのは嘘なのか

 

特に年を重ねた人ほど疲れやすくなるので、イミダペプチドは取ってほしいです。
年を取ると酵素が不足しがちになりますが、疲れの原因は酵素不足だけではありません。
30代→70代でイミダペプチドも3分の1になるので、定期的に取る必要があります。

「病院に行けばいいのでは?」と思うかもしれませんが、疲労は病気ではありません。
病院に行っても何も解決しないでしょう。

病院に行くと、テキトーな薬を出されることもあるので注意。
何か薬を飲んで副作用が起きたら、嫌ですよね。

多くの人が思っている疲労の原因

「イミダペプチドで疲れが取れるのは嘘なのか」を調べるために、まず疲労の原因を見てみましょう。
もし原因が間違っていたら、解決策も間違ってしまうかもしれません。

乳酸

「活動すると筋肉がたまり、疲労の原因になる」と聞いたことがありませんか?
少し前まで信じられていましたが、最新の研究で嘘だと分かりました。
乳酸は逆に筋肉を働きやすくする成分です。

「乳酸を取る」と書いてある疲労回復方法は嘘だと思ってください。

乳酸が疲れの原因だと思われていたのは、「筋肉だけが疲れている」と思われていたからです。
けれども実は筋肉で疲れを感じるのは、脳が原因のこともあります。

脳は全ての司令塔なので、脳が疲れると「体が疲れている」と間違えて認識してしまうかもしれません。

 

 

人間も疲れると、間違えることがありますよね。
脳も間違えることがあっても不思議ではありません。
「体の疲れは実際に体が疲れているのではなく、思い込んでいることもある」と覚えておいてください。

体の疲れを取るには、脳の疲れも取る必要があります。
脳の疲れを取れば、精神と体の疲れを一気に取れるので、効率が良いですね。

自律神経が乱れている

交感神経

活動しているときに使う神経です。
活動すると活性酸素が発生し、細胞を傷つける原因になるので、注意してください。
細胞が傷つくと、脳や体の働きが弱まります。

副交感神経

休息しているときに使う神経ですね。
疲れると、交感神経と副交感神経のバランスが乱れるので、気をつけましょう。

特に

  • 運動
  • 仕事
  • 目の使い過ぎ

に注意してください。

疲労感じないときは注意

仕事やスポーツで、たまに疲労を感じないほど熱中することってありますよね。
「疲れないからいいのでは?」と思うかもしれませんが、大間違い。
疲れを感知するセンサーが動いていない状態なので、注意してください。

宝石店をイメージしてください。
「宝石ケースを無理に開けるとセンサーが鳴る」とします。
もし鳴らなかったら、知らない間に宝石を盗まれてしまうかもしれません。

疲れも同じで、センサーが動いていないと大問題になってしまいます。
最悪の場合、命を落とすこともあります。
疲れを感じるのは命を落とさないためのサインで、「危ないよ」と警告してくれているのですね。

 

 

働きすぎたり運動しすぎたりすると、命を落とすことがあるので気をつけましょう。
疲労の本当の原因は、活動すると発生する活性酸素。

細胞にダメージを与え、交感神経と副交感神経のバランスを崩してしまいます。
乳酸ではないので、覚えておきましょう。

イミダペプチドとは

正式名称はイミダゾールジペプチド。
覚えておくと、どこかで役に立つかもしれません。

アミノ酸の

  • カルノシン
  • アンセリン
  • バレニン

の総称ですね。

No1の成分だと分かった

  • 政府
  • 大学
  • 製薬会社
  • 食品会社

が協力して、産官学連携抗疲労プロジェクトをやりました。

「疲れを取るにはどうすればいいのか?」を徹底的に考える企画だと思ってください。
抗疲労プロジェクトでイミダペプチドは、一番疲労回復効果のある成分だと分かりました。
イミダペプチドで疲れが取れるのは、嘘ではないようですね。

「イミダペプチドの効果に驚き!実際に購入して飲んでみました」の記事はこちら

 

 

  • TV
  • ラジオ
  • 雑誌
  • 新聞

などいろいろなメディアで取り上げられていて、最近話題になっています。

国も協力した産官学連携抗疲労プロジェクトで見つかったので、信頼性は抜群です。

動物にイミダペプチドがたくさん含まれる

イミダペプチドは基本的に動物に含まれます。

  • 鶏の胸肉
  • マグロの尾びれ
  • カツオの尾びれ
  • クジラ

などが特に多いですね。

「疲れがたまりやすい部位に多い」と覚えておいてください。
人間は脳に一番多く含まれますよ。

渡り鳥をイメージする

渡り鳥は何日も休憩なしで飛び続けます。
もちろん睡眠時間もありません。
人間なら走るのはもちろん、歩くのも休憩なしでは難しいですよね。

なぜ休憩なしで飛べるのか調べてみたら、秘密はイミダペプチドでした。
羽を動かす胸肉にイミダペプチドが豊富に含まれていました。
疲れがたまりにくいのも納得ですね。

イミダペプチドは疲れを取るだけでなく、疲れにくい体にしてくれます。

どのように疲れを取るのか

イミダペプチドは体内に入ると、

  • カルノシン
  • アンセリン

に分解されます。

血液中を通り、

  • 疲れがたまっている部位
  • 傷ついた細胞

を見つけると、そこで再合成します。

 

 

ピンポイントなので、威力は抜群。
全体に満遍なく効果を発揮する成分が多いですが、威力が分散してしまいます。
同じ力でもペン先で押すほうが、手のひらで押すよりも痛いですよね。

抗酸化作用

名前の通り酸化を防ぐ作用です。
イミダペプチドは活性酸素を抑制、除去します。

体の酸化を

  • 予防する
  • 治療する

と、二つの効果を一気に発揮しますよ。

金属でサビ防止スプレーをかけたり、サビ取りをしたりするイメージですね。

相乗効果を生む成分

イミダペプチドはビタミンCと一緒に取ると、吸収力が上がります。

  • ビタミンC錠
  • レモン

などを、イミダペプチドと一緒に取ってください。

できれば同時が良いですね。

どのくらいで効果が出るのか

2週間以上毎日取ることが大切です。
2週間で70%以上の人が効果を実感しているので、1ヶ月も取れば十分でしょう。

実験をした

大阪市立大学でイミダペプチドの実験をしました。
大阪市立大学は疲労医学教室がある疲労の専門家です。

まずイミダペプチドを取るグループと取らないグループに分けました。
取るグループは4週間イミダペプチドの飲料を飲み続けます。

4週間後、取るグループと取らないグループ両方に自転車運動をしてもらいました。
取らなかったグループは取ったグループに比べて疲労感が

  • 運動直後は1.5倍
  • 4時間後は2倍

でした。

 

 

「疲れが半分になる」と考えたら、取らない理由がないですよね。
体力と回復力がアップしたのでしょう。
血液中の成分も変化したデータがあるので、ただの思い込みではありません。

鶏胸肉が疲労回復に効果的

イミダペプチドを普段の生活で取ろうと思ったら、鶏胸肉がオススメです。
鶏胸肉は動物の中で一番イミダペプチドの含有量が多いです。
100gで100円ほどと安いので、手に入れやすいでしょう。

いくら効果があっても高額だったら、定期的に取れないですよね。
イミダペプチドで大切なのは続けることです。

鶏胸肉スープを作ろう

イミダペプチドは水に溶けるので、ゆで汁を捨てないようにしてください。
余す所なく取るにはスープがオススメ。

材料

最低でも

  • 粉末ダシ
  • 鶏胸肉

を用意してください。

作り方

  1. 鍋に水を入れて火をつける
  2. 塩と粉末ダシをお湯に入れる
  3. 鶏胸肉を入れる
  4. 沸騰するまで待つ
  5. 沸騰したら火を止める
  6. 1時間待つ
  7. アクを取る

トッピング

あなたの好きな物をトッピングすると、さらにおいしくなるでしょう。

  • ゴマ
  • ネギ
  • ごま油

などがオススメですね。

  • 梅干し
  • レモン

などを加えると、抗酸化作用が加速します。

鶏胸肉のイミダペプチドを吸収しやすくするために、ビタミンCを取るのも良いですね。
毎日料理するのは大変なので、スープを冷凍保存しておいても問題ありません。

嘘かもしれない疲労回復法

疲労は人間と切っても切り離せません。
間違った方法もあるので注意してください。
「効果があるかどうか」をしっかり抑えておきましょう。

乳酸を取る

「乳酸が疲れの原因」と言われてきました。
スポーツをやっていた人は分かるのではないでしょうか。

けれども化学が進歩し、乳酸は筋肉を働きやすくする成分だと分かりました。
全く逆ですよね。

熱い風呂やサウナ

「お風呂に入ったら疲れが取れる」と言いますが、熱すぎる風呂は注意。
疲れが取れるどころか負担が大きく、疲れがたまってしまいます。

どんなことでも極端にやるのは良くありません。
長すぎる風呂も、のぼせるので気をつけましょう。

40度くらいで10分ほど入るのがいいでしょう。
ちょうどいいラインを見極めるのが大切ですね。

食事

活性酸素は体を酸化させます。
金属のサビをイメージすると分かりやすいでしょう。
体が酸化したら、アルカリ性にする抗酸化作用のあるものを食べてください。

ウナギ

日本人の食生活は大きく変わりました。
栄養のある食品が増え、スラっとした若者がたくさんいますよね。

栄養が不足しがちな昔は、ウナギが疲労回復に効果がありました。
ビタミンB1やカロリーが豊富だからです。
現代も「体力がつく」と、よくいわれますよね。

けれども現代はウナギに含まれる成分が不足する人は少ないです。
普通に食事をしていれば、ビタミンB1やカロリーは簡単に取れます。

 

 

不足しているなら取れば良いですが、十分なら取ってもあまり意味がありません。
コップをイメージしてください。

空だったら入れられますが、満杯だったら入れてもあふれるだけです。
食べすぎると逆に消化の負担がかかり、疲れてしまうでしょう。
胃もたれすると、エネルギーを使いますよね。

特に肉や魚は消化に負担がかかるので注意。

「肉を食べれば元気になる!」と思っている人が多いですが、間違いです。
消化の負担がかかり、逆効果になる可能性があるので気をつけてください。

イミダペプチド

疲れを予防したり回復させたりするにはイミダペプチドが一番。
鶏胸肉や魚の尾びれを積極的に取ってください。

カテキン

お茶に含まれる成分ですね。
抗酸化作用がありますが、すぐに効果が切れてしまいます。

カルシウム

  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • 結石

など病気になる可能性もあるので、取りすぎに注意してください。

睡眠

脳がしっかり休めて疲れが取れます。
いびきは呼吸しにくくなり、脳が休めないので注意してください。
睡眠の質を計る機械はいろいろあるので、試してみるのも良いですね。

5分の仮眠でも効果アリ。
起きた時に頭がボーっとするので、仮眠しすぎには気をつけてください。

代謝を上げる

代謝を上げると消費カロリーも増えるので、ダイエットにピッタリ。

  • 温冷浴
  • 運動
などが良いですね。

運動

現代人の疲れのほとんどは、動かなすぎが原因。
ずっと座っていて筋肉が固まっている人が多いです。
同じ姿勢でいると、伸びをしたくなりますよね。

動かなすぎの疲れが原因で疲れがたまっている証拠です。
循環させてあげることが大切。
運動しすぎると逆に疲れるので気をつけてください。

ちょうどいいくらいを体と相談しながら決めましょう。

栄養ドリンク

一時的に興奮するだけで、根本的な疲れは取れていません。
すぐに戻るので、取ってもあまり意味がないでしょう。

マッサージ

血行を改善して詰まりを無くします。
循環しやすくなるのでデトックス効果も抜群。
運動と違い、やりすぎてもデメリットがありません。

紫外線に注意する

紫外線を浴びると活性酸素が発生します。
真夏の日差しが強いときは疲れやすいですよね。

サングラスは体内のセンサーが狂うのでオススメできません。
昼間なのに夜だと勘違いしてしまいます。

事前の予防が大切

病気も同じですが、治療するよりも普段から予防するほうが楽です。

  • 時間
  • お金
  • 労力

が最小限で済みますよ。

実験をした

疲れは現代人にとって大きな問題。
あなたも一度くらい悩んだことがあるのではないでしょうか?
少数ではなく日本全体の問題なので、有名大学や有名会社が協力して実験しました。

  • 大阪市
  • 大阪市立大学
  • 食品会社
  • 製薬会社

などですね。

 

 

一つ見つけたのが、自律神経を使って疲れを取る方法。
けれどもやり方が分からない人が多く、簡単ではありません。

次に見つけたのが活性酸素。
活性酸素は細胞を傷つけ、病気や疲れの原因になります。
実験でイミダペプチドが活性酸素を抑制、除去すると分かりました。

Amazonでも販売中

イミダペプチドはAmazonで簡単に買えますよ。
84粒入ったプラスチックボトルが3つで12,800円。
送料無料なので、お得ですね。

4粒でイミダペプチドを200mg取れます。
イミダペプチドを買うなら日本予防医薬がオススメ。
200mg入っている証の確証マークがついているので、安心です。

 

 

ソフトカプセルのサプリでプラスチックボトルに入っているので、簡単に持ち運べます。
バッグに入れておけば、外出先でもすぐに飲めますよ。
イミダペプチドはドリンクタイプもあります。

ドリンクタイプのほうが吸収が早いです。
「ミカンよりミカンジュースのほうが吸収しやすい」といえば、分かるでしょうか?
あなたも体感したことがあると思います。

どちらも長所、短所があるため、使い分けてください。

イミダペプチドの口コミ

続けることが大切

表面的なアプローチではなく、根本から問題を解決するので少し時間がかかります。
2週間以上は続けてほしいですね。

仕事のパフォーマンスが上がった

しっかり疲れが取れるので、元気いっぱい働けます。
睡眠の質も上がるため、少ない睡眠時間でもスッキリ起きられるでしょう。

効果を感じた

一度やめたら疲れるようになり、また飲み始めたら疲れにくくなりました。
イミダペプチドしか変えていないので、効果がある証拠ですね。

疲れが取れた

睡眠とセットにすると、さらに効果的です。
寝る前に飲んで一日の疲れを取ってください。

疲れすぎるとヘルペスの症状が出る人もいます。
疲れは軽視してはいけませんね。

まとめ買いすると安い

数が少ないと安く感じますが、大切なのは一個あたりの値段。
イミダペプチドは続けることが必要なので、コスパは無視できません。
商品が同じなら、できるだけ安いほうが良いですよね。

二日酔いしなくなった

二日酔いの原因の一つは疲れ。
疲れたままだと内臓などの機能がしっかり働いてくれないので、アルコールも分解しにくいです。
二日酔いしなくなったのは、しっかり回復した証拠ですね。

眠りの質も上がりますよ。

一週間飲んだがあまり効果を感じない

最低でも2週間、できれば一ヶ月は飲んでください。

→イミダペプチド・効果を感じやすいドリンクタイプの公式サイト
0 イミダペプチドで疲れが取れるのは嘘なのか
→イミダペプチド・持ち運びやすいソフトカプセルの公式サイト
0 イミダペプチドで疲れが取れるのは嘘なのか