イミダペプチド。
名前だけ聞いたらどんな成分なのか分かりませんよね。
「宇宙人の名前?」と思う人もいるかもしれません。

しかしイミダペプチドは現代人の多くが悩んでいる疲れを解消してくれる成分。
もしあなたが疲れで悩んでいたら、積極的に取ってほしいです。
イミダペプチドはどんな成分なのか見ていきましょう。

イミダペプチドとは

アミノ酸の塊

正式名称はイミダゾールジペプチド。
呼びにくいのでイミダペプチドでいいでしょう。

ジペプチドは、アミノ酸が2つくっついているという意味。

  • 3つならトリペプチド
  • 4つならテトラペプチド

なので、覚えておくとどこかで役立つかもしれません。

 

 

基本的に

  • カルノシン
  • アンセリン

がくっついています。

たまにバレニンが含まれるイミダペプチドもありますよ。
それぞれどんな成分なのか見てみましょう。

カルノシン

  • アラニン
  • ヒスチジン

という成分が含まれています。

 

 

  • 活性酸素を発生しにくくする
  • 肌を綺麗にする

力を持っていますよ。

アンセリン

  • アラニン
  • メチルヒスチジン

という成分が含まれています。

 

 

  • 活性酸素の発生を予防する
  • 疲れを取れやすくする
  • 乳酸を分解する
  • 毒素を排出する

成分ですね。

バレニン

クジラに多く含まれるイミダペプチド。
クジラは休憩なしで1万km近く泳ぎ続けるので、体力がかなりあります。
バレニンは筋肉のダメージを取る力がありますよ。

疲れを取らなければ本来の力を発揮できない

イミダペプチドを簡単にいうと、疲れを抑制、除去する成分。
人間もそうですが、野生の動物は常に疲れていたら生きていけません。

疲れたといって

  • 草食動物が休んでいたら肉食動物に食べられてしまいます。
  • 肉食動物が狩りをサボっていたら、飢えてしまいます。
  • 海の上を飛んでいる鳥が飛ぶのをやめたら死んでしまうでしょう。

野生の動物は疲れているところをあまり見せませんよね。
イミダペプチドが疲れを取っているからかもしれません。

 

 

そもそも動物は疲れるのが当たり前の生き物。
動物が活動をすると活性酸素が発生してしまいます。
普段は全てを処理できて疲れをためないのですが、処理しきれないと疲れがたまってしまいます。

そんなときに役立つのが抗酸化物質のイミダペプチド。

活性酸素を

  • 抑制
  • 除去

してくれるので、疲れにくく疲れが取れやすい体になるでしょう。

どのように疲れを取ってくれるのか

イミダペプチドが疲れを取るプロセスをもう少し詳しく見てみましょう。
イミダペプチドが体内に入ると、まず2つのアミノ酸に分解し、血液中を移動します。

疲れがたまっている部分、つまり活性酸素が処理しきれていない部分があれば、そこで再合成します。
再合成すると、疲れの原因「活性酸素」を抑制、除去してくれますよ。

 

 

力を一点に集中させるピンポイントで作用するため、効果を感じやすいです。
多くの成分は全身にまんべんなく効果を発揮するため、力が分散します。
本当に疲れを取りたい所の疲れが取れないので、注意してください。

イミダペプチドとの威力の違いは大きいですね。

人も持っている

イミダペプチドは元々人の体にも含まれますが、年を取るにつれて減ってしまいます。
30歳→70歳で3分の1になるため、年を取っている人ほど、積極的に取る必要があるでしょう。

イミダペプチドが減ると

  • 疲れやすくなる
  • ミスしやすくなる

ので、日常生活に支障があります。

 

 

体内のイミダペプチドが減るなら、外部から取る必要がありますよね。
イミダペプチドは1日200㎎を2週間以上取り続けることが大切。
食事なら100gでイミダペプチドを200mg取れる鶏胸肉がオススメ。

他に

  • 豚ロース
  • 豚もも肉
  • カツオ

などにもイミダペプチドが豊富に含まれます。

 

 

料理がめんどくさいときは、サプリを使いましょう。
続けるためには、無理しすぎないことが大切です。

どんな動物に多く含まれるのか

イミダペプチドは動物性食品に多いです。
食事から取るために、もう少し詳しく見てみましょう。
「疲れがたまりやすい部位に多い」と覚えておくといいでしょう。

魚の尾びれ

マグロ

一生泳ぎ続ける魚として有名ですよね。
「一生歩き続けろ」とあなたが言われたら、どう感じますか?
どう考えても無理ですよね。休憩が必要です。

マグロは最大で時速100kmで泳ぐことも特徴。
持久力と瞬発力の塊のようなマグロを支えているのが、尾びれのイミダペプチド。

泳ぐときに尾びれは必須ですよね。
100gで100㎎のイミダペプチドが含まれています。
イミダペプチドの1日の摂取目安量200mgを取るには、200mg食べてください。

カツオ

100gで80㎎のイミダペプチドが含まれています。
刺身など生で食べると、酵素も取れますよ。

人は年を取るとイミダペプチドだけでなく、酵素も減ってしまいます。
積極的に取るように意識してください。

鶏の胸肉

渡り鳥は休憩なしで10万km以上も飛び続けます。
驚異的な体力の秘密は胸肉に含まれるイミダペプチド。

胸肉は羽を動かす部分なので、「疲れやすい部位に多い」に当てはまっています。
鶏むね肉はスープにすると、ダシが出ておいしいですよ。

 

 

「鶏むね肉100gでイミダペプチド200mg」と、食品の中でNo1のイミダペプチド含有量を誇ります。
牛の3倍以上も含まれているので、ぜひ食べてください。

1日に必要なイミダペプチド200mg~400mgを取るには、鶏むね肉100g~200g取る必要がありますね。
「100g70円ほど」とコスパ抜群なのは、助かります。

牛もも肉

100gでイミダペプチド40mg入っています。
鶏むね肉の5分の1ほどですが、取らないよりは取ったほうがいいです。

豚もも肉

100gでイミダペプチド120mg含まれています。

クジラ

クジラにも含まれていますが、なかなか食べる機会がないですよね。

レシピ

イミダペプチドは熱に強いので、熱しても問題ありません。

鶏むね肉

  • ステーキ
  • スープ
  • 甘辛焼き

などがオススメ。

追加で取ると良いもの

クエン酸

  • 梅干し
  • レモン
  • トマト

などに含まれています。

  • 栄養をエネルギーに変える
  • 疲れを取る

力がありますよ。

ビタミンB1

炭水化物をエネルギーに変える成分ですね。

ビタミンB2

脂質をエネルギーにする成分。

クラスターデキストリン

活動のエネルギー源になる成分で、スポーツ選手も使っています。

余ったときは、どうすればいいのか

料理をすると、食材が余るときがありますよね。
密閉できる袋に入れて、冷蔵庫で保存しておきましょう。
2週間ほどは保存できますよ。

サプリもオススメ

  • 植物性
  • 無添加

のサプリが多いため、安全性が高いです。

料理がめんどくさいときは試してみてください。

イミダペプチドの取り方

どのくらい取ればいいのか

1日200㎎~400㎎を2週間以上取り続ける必要があります。
イミダペプチドだけではないですが、続けることが大切です。
一度に400mgを3日間だけ取るより、200㎎を2週間以上続けるほうが効果的ですよ。

イミダペプチドは水に溶ける成分。
人間の70%は水なので、吸収しやすいですよ。

サプリが便利

イミダペプチドの商品を作る会社が増え、いろいろなサプリがあります。
スポーツ界でも注目を集めています。
スポーツ選手は疲れを翌日に残さないことが大切ですよね。

疲れが残ったままだと、本来のパフォーマンスを発揮できませんし。

大切なポイント

イミダペプチドの量

いくら取り続けても、量が少なければ効果は感じにくいです。
「イミダペプチドが200mg~400mg入っているか」を確認してください。

イミダペプチドのサプリには

 

  • ビタミンC
  • コエンザイムQ10
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • グルコサミン
  • コンドロイチン

 

など、いろいろな成分が入っているサプリがあります。

 

 

けれども疲れを取るために大切なのはイミダペプチドの量。
他の成分や表面的な部分に目を奪われないようにしてください。

価格

いろいろな商品があるため、迷ってしまうかもしれません。
イミダペプチドだけではないですが、大切なのはコスパ。
価格と機能性を考えて、選んでください。

日本予防医薬がオススメ

「サプリが良いかどうか」は実際に飲んだ人に聞いてみるのが良いです。
日本予防医薬のサプリは90%以上が満足しているため、実績は十分。
キャンペーンで10日分980円で売っているので、試すのにピッタリですよ。

ソフトカプセル

84粒で5,250円。
1日4粒なので3週間分ですね。
プラスチックの袋に入っていて持ち運びやすいのは、助かります。

 

  • ドリンクタイプの瓶が邪魔
  • はちみつが苦手

 

な人にオススメ。

ドリンクタイプ

1瓶30mlなので手軽に飲めますよ。
30mlに1日分のイミダペプチド200mgが入っているのは、すばらしいですね。
1日1~2本飲むようにしてください。

  • 1本250円
  • 30本7,500円

で売っていました。

 

 

ソフトカプセルと違い液体なので、さらに吸収しやすいです。
ハチミツとリンゴのおいしさに夢中になる人が少なくありません。

  • パイナップル
  • ヨーグルト

など、いろいろな味があるので飲み比べるのも良いですね。

 

 

アルコールやカフェインが入っていないので、安全性も抜群。
寝る前や運転中に飲んでも問題ありません。

イミダペプチドアスリート

水に溶かして飲むので、スポーツドリンクをイメージすると分かりやすいでしょう。

イミダペプチドだけでなく、

  • クエン酸
  • ビタミン

も入っているので、栄養たっぷり。

 

 

疲れを取るだけでなく

  • 肉体改造
  • 健康増進

にもいい影響があるでしょう。

  • 日常生活
  • スポーツ

と、いろいろな場面で活躍してくれる商品です。

ジワジワ効果を感じるため、2週間以上続けるようにしてください。

イミダペプチドはどんな効果があるのか

疲れを取る

まず疲れについて、軽く勉強しましょう。
人は酸素を吸って活動する生き物。

酸素を燃やし活動すると、燃やしきれない酸素が活性酸素になります。
活性酸素を処理しようとしますが、しきれなければ細胞にダメージを与えてしまいます。
結果として細胞の機能が低下し、疲れを感じてしまう。

 

 

  • 精神
  • 肉体

両方に影響するため、活性酸素は発生しないほうが良いですよね。

けれども人間が活動すると活性酸素は必ず発生します。
発生させないことは無理なので、予防や対策に力を入れましょう。

 

 

栄養ドリンクなどで一時的にごまかさないでください。
自分の体を大切にし、しっかり目を向けましょう。

イミダペプチドは抗酸化作用があり、活性酸素を抑制、除去してくれます。
活性酸素で脳や体の酸化、サビを防いでくれます。

筋肉の働きを高める

疲れたままでは全力を出せません。
「もっと良い仕事をしたい!」と言っている人は多いですが、多くの人は本来のパフォーマンスすら出せていません。

実力以上のものは出せませんが、実力すら出せないのはもったいないですよね。
しっかり疲れを取り、本来の力を発揮してください。

抗酸化作用があるため、筋肉痛も防ぎます。
結果として運動能力が上がりますよ。

リラックスする

肉体だけでなく、精神の疲れも取ってくれます。
心と体、両方の疲れを取ってくれるのは、うれしいですね。

脳が疲れるとインスリンが出にくくなり、糖尿病になる可能性が高まります。
イミダペプチドは生活習慣病も予防してくれるのですね。

疲れは重大な病気につながるので、軽視してはいけません。
疲れにしっかり向き合い、予防や対策をしてください。

認知症を予防する

活性酸素は細胞だけでなく、血管も傷つけます。
さらに脳の認知という機能が衰えて認知症になってしまうので注意。
イミダペプチドで定期的に脳の疲れを取る必要がありますね。

若返る

活性酸素は肌にもダメージを与えます。
活性酸素を除去すると、肌の負担が減り綺麗な肌を手に入れられるでしょう。
「若返ったみたい!」とほめられるのは、うれしいです。

他に

 

  • 乳酸を分解する
  • 尿酸の量を正常にする

 

力もありますよ。

研究した

本当に疲れを取るのか

いくら言葉で言われても、疲れが本当に取れるのか分かりませんよね。
実際に実験したデータがあるので紹介します。

抗酸化作用のあるイミダペプチドに興味を持ち、大阪市立大学が研究しました。

イミダペプチドを

  • 取るグループ
  • 取らないグループ

に分け、1ヶ月後に4時間自転車こぎ運動をしてもらいます。

疲労度を調べたら、取ったグループに比べて取らなかったグループは疲労度が1.5倍~2倍。
明確な違いが出ましたね。
イミダペプチドは疲労の回復、抑制の両方に効果があると分かりました。

実際に日本予防医薬のイミダペプチドは、政府から「機能性表示食品」に認定されていますし。
「効果がある」と政府も認めたのですね。

産官学連携抗疲労プロジェクト

現代の日本人にとって疲れは大きなテーマなので、

 

  • 日本政府
  • 地方自治体
  • 大阪市立大学
  • 食品会社
  • 製薬会社

などが協力し15億円規模のプロジェクトを開催しました。

イミダペプチドには抗酸化作用があり、23種類の成分の中で一番疲れを取ると分かりました。
疲労を除去するだけでなく、予防もしてくれるのでうれしいですね。
政府も関わっているプロジェクトなので、信頼できる結果でしょう。

安全性はどうなのか

妊娠中や授乳中

普段の食事にも含まれているので、問題ありません。
心配なら医師に相談してください。

取りすぎ

イミダペプチドは普段の食事にも含まれているので、副作用はありません。
けれども吸収しきれないので、取りすぎには注意してください。
取ったのに吸収されないのは単純にもったいないですよね。

1日に吸収できる量は400mgほどです。
たとえ1000mg取ったとして、400mg取った人とあまり変わりません。
1日の摂取目安量200mg~400mgを守るようにしてください。

取らないとどうなるのか

逆に取らなければ、活性酸素を抑制、除去できません。
慢性疲労になるため、取らないよりは取ったほうが良いですね。
200mg~400mgの計算が難しい場合は、おおまかでも問題ありません。

「少しでも取る」を意識してください。
イミダペプチドのサプリを使えば、手軽に飲めますし、イミダペプチドの量の計算もしやすいです。

注意点

イミダペプチドは水に溶けます。
茹でたり蒸したりしたときに出た水分は捨てないでください。

目に見えないかもしれませんが、イミダペプチドがたっぷり入っています。
捨てるのはもったいないですよね。
水分として捨てるのが心配な場合は、スープにすると安心です。

相性が良い成分はあるのか

わたしたち人間はもちろんイミダペプチドだけでは生きていけません。
他にも、たくさんの栄養を取っていますよね。
相性を知っておけば、普段の食事でも相乗効果を起こせるでしょう。

クエン酸

イミダペプチドと一緒に取ると、相乗効果が起こります。

  • 元気が出てくる
  • 疲れを取る

と、たくさんのメリットがありますよ。

コエンザイムQ10

抗酸化作用のある成分です。
1日300㎎ほど取ると、良いですよ。

ビタミンB1

炭水化物をエネルギー源にする成分ですね。

ビタミンB2

脂質をエネルギー源にしてくれますよ。

 

 

イミダペプチドを多く持つ動物たち

イミダペプチドの力は最近分かりましたが、昔から多くの動物がイミダペプチドを活用していました。

渡り鳥

1年で8万km以上飛ぶ渡り鳥がいるそうです。
地球一周が4万kmなので、軽く二周ほど。

しかも飛行機も船も使わずに飛ぶので素晴らしいですよね。
わたしたち人はどう頑張っても徒歩で地球一周するなんて想像できません。

マグロやカツオ

マグロやカツオは常に泳ぎ続けています。
「疲れないのかな?」と思いますが、尾びれのイミダペプチドが疲れを取っているのでしょう。
疲れた分だけ疲れを取ってくれるって素晴らしいですね。

人間

もちろん人間も動物なので、イミダペプチドを含んでいます。
特に疲れやすい脳や骨格筋に多く含まれていると覚えておきましょう。

しかし年齢を重ねるにつれてイミダペプチドの量は減ってしまいます。
30歳→70歳になると、イミダペプチドの量は3分の1ほどになりますよ。
体外からイミダペプチドを摂取する必要があります。

イミダペプチドの摂取方法

食べ物の中でイミダペプチドが一番多く含まれているのが鶏むね肉。
100g取れば1日に必要なイミダペプチド200mgを取れるので、煮込んでスープにするといいですね。

しかし毎日鶏むね肉を取り続けるのは大変です。
特に忙しい人はサプリやドリンクを活用してください。

夏バテにも注意

どんな症状なのか

 

  • 疲れがたまりやすい
  • 食欲がない
  • 睡眠の質が浅い

 

という特徴があります。

 

 

自律神経失調症とも似ていますね。
自律神経は

 

  • 呼吸
  • 消化
  • 吸収
  • 血流
  • 心拍
  • 体温

 

など、人間の機能に直結しています。

自律神経が働きすぎると、負担がかかり疲れがたまってしまいます。
特に更年期の女性は注意してください。

どんな原因があるのか

暑い

汗をかくと自律神経が働き、体の熱が抜けます。
「汗が出ている=自律神経が働き続けている」と思ってください。

温度差がある

 

  • 朝晩と昼
  • エアコンの効いた室内と外

 

などの温度差ですね。

エアコンを使うと、特に足元が冷えやすくなるので気をつけてください。
本来頭寒足熱が良いですが、逆になり疲れてしまいます。

日差しが強い

夏は日差しが強く、活性酸素が出やすいです。
日傘をしていてもアスファルトなどで反射し、紫外線を浴びていることが多いです。

けれども何も対策しないよりはよっぽどマシ。

 

  • 日傘
  • 日焼け止め

 

など、紫外線を受けない工夫をしてください。

 

 

けれども健康のために最低限の日光を浴びることは必要です。
昼になればなるほど体に有害な紫外線になるので、午前10時頃までにしましょう。

「サングラスが良いのでは?」と思うかもしれません。
けれども脳や体が夜だと思い込み、体内リズムが狂うので、オススメできません。

対処法

睡眠の質を上げる

食事や運動で疲れを和らげられても、回復はできません。

 

  • 真っ暗にする
  • リラックスして寝る
  • 寝具にこだわる

 

などをして、質の高い睡眠を取ってください。

睡眠は量も大切ですが、質を意識することが欠かせません。

太陽の光を浴びる

サンイーターという太陽の光を見つめるだけで、何も食べずに生きている人もいます。
火のエネルギーを有効活用しましょう。

けれども昼の太陽は日差しが強すぎるのでオススメできません。
午前10時くらいまでに光を浴びるようにしてください。
太陽の光を浴びると体内時計が整い、目覚めも良くなります。

体内時計がリセットされ、睡眠の質が上がります。
睡眠ホルモンの分泌も促され、幸せホルモンのメラトニンも増ますよ。

食事を気をつける

朝食をしっかり食べる

口を動かし、よく噛むことが大切。
脳を目覚めさせましょう。

嘘の情報を信じない

 

  • ニンニク
  • うなぎ

 

が疲れに効果があるといわれていますが、現代人にはあまり効果がありません。

疲れを取る方法を見つけたら、「科学的根拠があるのか?」を確認しましょう。

イミダペプチドを取る

疲れの原因「活性酸素」を抑制、除去してくれます。
1日200mg~400㎎を2週間以上取り続けることを意識してください。

イミダペプチドは鶏胸肉に多く含まれます。
鶏胸肉100g取ると、1日に必要なイミダペプチドの200mgを取れますよ。

クエン酸を取る

イミダペプチドと一緒に取ると相乗効果を生み出すのがクエン酸。
別々ではなく、できるだけ一緒に取るようにしてください。

 

  • 梅干し
  • レモン
  • グレープフルーツ

 

など、酸味のある食品に多いです。

エネルギーを生み出す力がある成分ですよ。

運動をする

「運動すれば疲れるのでは?」と思うかもしれませんが、健康のために適度な運動は必要です。

血流が改善するため、

 

  • 循環が良くなる
  • 毒素が出やすくなる
  • 疲れが取れやすくなる

 

メリットがありますよ。

 

 

血流が悪くなりがちな姿勢の現代人が多いです。

 

  • 車の運転
  • デスクワーク

 

などで同じ姿勢を続けないようにしてください。

 

  • 伸びをする
  • 体操

 

など、定期的に体を動かしましょう。

運動すると疲れるので睡眠の質も上がります。
しっかり運動するとしっかり寝られるので疲れも回復しやすいです。
けれども、運動しなければ睡眠の質も下がるため、目覚めが悪くなるでしょう。

どんな運動がいいのか

オススメの運動はウォーキング。
効率よく疲れさせるためには、できるだけ多くの筋肉を使いましょう。
上半身より下半身のほうが筋肉量が多いです。

下半身を動かす運動のほうが効率が良いですね。
意識して歩く習慣をつけてください。

 

  • エスカレーターではなく階段を使う
  • 帰りに一駅分歩く

 

など、少し工夫すれば簡単です。

運動しすぎに注意する

ランニングなど激しい運動は、疲れが取れるどころかたまってしまうので、オススメできません。
大切なのは疲れることではなく、血流を改善することです。
「ちょっと体を動かす程度」と考えてください。

 

 

仕事などで特に疲れた日は無理に運動しないでください。
仕事で十分体を動かしたはずなので、ストレッチ程度で抑えるのが良いですね。

お風呂に入る

熱すぎると覚醒してしまい眠れなくなるので、寝る前に入るならぬるめがオススメ。
熱いと疲れる可能性もあるため、40度くらいで10分以下を目安にしてください。

温度を調整する

気温が暑すぎたり寒すぎたりすると、自律神経に負担がかかります。
睡眠の質ももちろん下がるので、寝ているのに疲れが取れず、逆に疲れがたまることも少なくありません。

真夏はエアコンをつけましょう。
寝るときはタイマー機能を使えばいいですね。

けれども冷えすぎを防ぐためにエアコンが直接当たらないように気をつけてください。

他の方法を知りたい

疲れを取るには一日の終わりにマッサージをするのも良いですね。
疲れが一気に取れやすくなるでしょう。
自分一人でできるので、気軽に試してください。