疲労回復にイミダペプチドを取る人が多いですが、「効かない」と言う人がいます。
なぜなのか調べたら理由が分かりました。
せっかくイミダペプチドを取るなら効果を実感できたほうがいいので、効かない理由を見てみましょう。

イミダペプチドは効くのが当たり前

イミダペプチドは97%の人が効果を実感し、その中で28%の人が非常に効果があったといっています。
この数字ならほとんどの人に効果があるといっていいでしょう。

日本政府にも効果があると認定され機能性表示食品になっているので、効果がないのはおかしいですね。
効果がなかった3%の人は、どこが悪かったのでしょうか?

効果がないのは必ず原因があります。
{効果がない。詐欺だ」で終わらせるのではなく効果がない原因を見つけ解決しましょう。
イミダペプチドは効果があって当たり前なので、間違った飲み方をして勘違いし、やめてしまうのはもったいないです。

 

 

 

これはイミダペプチドだけでなく、全ての事に応用できます。
なにか上手くいかなかったらやめるのではなく、改善しもう一度チャレンジしてください。
上手くいくまで続ければいくら失敗しても、「成功するために必要な経験だった」と思えます。

イミダペプチドの効果がない理由

[1]摂取量が足りない

摂取目安遼を取っていないなら効果がないのは当たり前です。
イミダペプチドは200mg~400mgの摂取が必要なので、覚えておきましょう。

取りすぎもいけませんが、取らなさすぎの人のほうが圧倒的に多いです。
もし効果がなければ「摂取量は足りているか?」を確認してください。

 

 

摂取目安遼で一番注意してほしいのが、「イミダペプチド含有チキンエキスを取っていないかどうか」。
チキンエキスは純粋なイミダペプチドが10分の1ほどしか入っていないので、200mgに達していないことがほとんどです。

たとえばイミダペプチド含有チキンエキスを1,000mg取ったとしても、純粋なイミダペプチドは100mgしか入っていないので、効果を感じにくいです。
多くの人が誤解するので、気をつけてください。

何も知らない人だったらチキンエキスにもイミダペプチドがしっかり入っていると思いますよね。

 

 

イミダペプチドがしっかり入っている商品か確認するときに大切なのが確証マークです。
200mg入っている証拠なので、確証マークがある商品は安心できます。

日本予防医薬のイミダペプチドは基本的に確証マークが貼ってありますよ。
確証マークは勝手に貼れないので、貼ってある商品は信用できます。

イミダペプチドがしっかり入っているオススメの会社があるので紹介させてください。
せっかくなので、ランキングで見ていきましょう。

  1. 日本予防医薬
  2. ナチュレ
  3. DHC

[2]続けていない

栄養ドリンクのように疲れたときだけイミダペプチドを取るのはダメです。
根本から疲れにくい体を作るために、毎日飲んでください。
多くの人は2~3週間で効果を実感し始めるので、最低2週間、できれば3週間飲み続けましょう。

 

 

 

「じゃあ栄養ドリンクのほうが楽じゃん」と思うかもしれませんが、栄養ドリンクは一時的に興奮させているだけです。

いくら興奮させても疲れが取れているのではなく、疲れが取れたように感じるだけなので、意味がありません。
イミダペプチドで根本から疲れにくい体を作ることが大切なので、覚えておいてください。

 

 

すぐに疲れが取れる商品には何か理由があります。
「こっちのほうが楽だからこっちにしよう」という単純な考えでは、根本的な解決にならないことが多いので気をつけてください。

どうせ飲むなら一時的に効果がある栄誉ドリンクよりも、根本的に疲れを解決してくれるイミダペプチドのほうが良いですよね。