イミダペプチドは

  • 鶏肉
  • 豚肉
  • 牛肉
  • マグロ
  • カツオ

など様々な食材に入っています。
サプリならドリンクタイプとソフトカプセルがありますね。

普段の食事で取るのも良いですが、今回はソフトカプセルの良さを紹介させてください。
イミダペプチドのサプリの最大手「日本予防医薬」のソフトカプセルも徹底的に調べました。
これからイミダペプチドのサプリを取ろうと思っている場合は、ぜひ読んでください。

ソフトカプセルをオススメする3つの理由

[1]味がない

どんなに健康になれると分かっていても、味が苦手だと飲めません。
青汁が健康に良いと言われても、飲めない人がいますよね。

イミダペプチドも

 

  • 肉や魚
  • ドリンクタイプ

 

の味が苦手な人もいるでしょう。

 

好き嫌いがあるので、無理に食べさせたリ飲ませようとすると、ストレスがたまってしまい逆効果になります。

「健康になったけどストレスがたまってしまう」なんて意味がありませんよね。
一方でソフトカプセルは水で飲み込むので味の好みは関係ありません。
少し飴のような味はしますが、嫌いな人はいないでしょう。

「抵抗なく栄養素を摂取できる」はサプリだけでなく、普段の食生活でも大切です。
なにか健康食品を取るときには、味も大切にしてください。

[2]持ち運べる

勉強や仕事が忙しくてなかなか家にいられない人も多いです。
そんなときに「持ち運べるかどうか」は大切ですよね。

持ち運べれば

 

  • 電車が空いてて座れたとき
  • 待ち合わせ場所に早く着いたとき
  • 授業や仕事の休憩時間

 

などに簡単にイミダペプチドを取れます。

他にも

 

  • 出張
  • 旅行

 

のときにも飲めます。

 

 

イミダペプチドの1日の摂取量の目安は200mg~400mgなので、朝に200mg取って勉強や仕事で疲れたときに200mg取るのも良いですね。

イミダペプチドの効果を実感するためには毎日続けることが大切なので、「持ち運べるかどうか」を選ぶときの基準にしてください。

 

  • 鶏肉
  • 牛肉
  • 豚肉

 

は持ち運べませんし、調理が必要です。
ドリンクタイプも瓶なので、かさばったり飲んだあとの処理がめんどうくさい。
ゴミを出すときにソフトカプセルの袋はビニールで良いですが、瓶は割れ物に分別しないといけません。

「持ち運べるかどうか」を考えたらソフトカプセルが最も良いでしょう。

[3]カロリーが低い

イミダペプチドは肉にたくさん入っていますがカロリーが高めなので、ダイエット中はなかなか食べられませんよね。
いくらイミダペプチドを取るためと言っても、肥満になって不健康になってしまったら意味がありません。

一方でイミダペプチドのソフトカプセルはどうでしょうか?
1日に必要なイミダペプチド200mgを摂取するためには4粒必要なので、10.3kcal(キロカロリー)です。
ドリンクタイプは200mgを摂取するために1本必要なので22kcal。

カロリーが高い肉に比べると、圧倒的にカロリーが低いですよね!
ダイエット中でも気にせずにイミダペプチドを摂取できます。

ソフトカプセルの3つの成分

世の中には色々なサプリがあります。
しかしイミダペプチドはその他のサプリとは一味違いますよ!
イミダペプチドを吸収しやすくするためにソフトカプセルを工夫し、3つの成分を入れています。

[1]ゼラチン

イミダペプチドのゼラチンはコラーゲンタンパク質加水分解物というゼラチンを使っています。
こらーげんたんぱくしつかすいぶんかいぶつ。あまり聞いたことがない名前ですよね。
とりあえずコラーゲンとタンパク質が入っていると思ってください。

どちらも体に良いですし、元々体内にある物質なので吸収しやすいです。
一方で化学添加物など変な成分が入っていると吸収しにくいので選ぶときに注意しましょう。
日本予防医薬のソフトカプセルは保存料や着色力が入っていません。

 

 

不自然に

 

  • 賞味期限を長くする
  • 見た目を良くする

 

よりも飲む人の体のことを考えたのでしょう。

たしかに

  • 賞味期限が長い
  • 見た目が良い

という要素はないよりあった方が良いですが、必須要素ではありません。

無駄なごまかしをせず、疲労の

  • 抑制
  • 回復

を優先したのでしょう。
毎日飲むので、無駄な成分を入れていないのは助かりますね。

 

ゼラチンは空気を通さない性質があるので、ソフトカプセルの中身が酸化しにくくなりますよ。
たとえば金属がさびると色が変わりますよね。
サプリも同じで酸化すると色が変わって口に入れるのに抵抗ができてしまいます。

口に入れるものだからこそ、綺麗なサプリを飲みたいですよね!
ゼラチンは吸収しやすいだけでなく、酸化も防ぐ効果があります。

[2]グリセリン

グリセリンはカプセルを割れにくくする効果があります。
日本予防医薬のソフトカプセルは中身が液体なので、もし袋の中でカプセルが割れたら液体がこぼれてしまうかもしれません。
1つのカプセルだけなら問題は少ないかもしれませんが、10個、20個のカプセルが一斉に割れたらどうなるでしょうか?

ソフトカプセルの袋を床に置いておいて、踏んでしまうこともあるので、ないとはいえないでしょう。
せっかくのイミダペプチドがもったいないですよね。
割れていないソフトカプセルにも割れたソフトカプセルの液体がかかるかもしれません。
どう考えても良いことはないですよね。

 

もう一つ、グリセリンには液体が固まらないようにする効果もありますよ。
液体が固まらないと何かメリットがあるのでしょうか?

固体よりも液体の方が吸収しやすいです。
「どれだけ早く吸収して疲労を抑制、回復するか」を重視した商品ですね。

[3]ミツロウ

ミツバチが巣を作るときに使うロウを食用にしたものです。

 

  • ビタミン
  • 鉄分
  • カルシウム

 

が入っているので栄養がありますよ。

 

しかしそれだけではソフトカプセルに使われる理由が分かりませんよね。
粉末と食用油脂が分かれないようにする効果があります。
どうしてそんな効果が必要なのでしょうか?

分かれてしまうと吸収しにくくなるからです。
「少しでも早く吸収して効果を感じてほしい」という想いが詰まっていますね。

液体のまま取るドリンクタイプ

「吸収しやすくする」を考えたときにソフトカプセルだけでなく、ドリンクタイプも思い浮かぶでしょう。
たしかにソフトカプセルはどうしても固体の部分があり、ドリンクタイプよりも吸収しにくいです。
ソフトカプセルが全て液体だとこぼれてしまいますし、カプセルを液体にすることはできません。

「固体と液体って、そんなに吸収のしやすさが違うの?」と思うかもしれません。
固体のリンゴと液体のリンゴジュースをイメージしてください。

リンゴは噛んで飲み込むのに時間がかかりますが、リンゴジュースは一瞬ですよね。
飲み込むスピードもそうですが、消化吸収のスピードもかなり変わります。

しかし今回話した欠点もあるので「朝はドリンクタイプで夜はソフトカプセル」など使い分けるのが良いでしょう。
どちらが良いかと聞かれたら私はソフトカプセルをオススメしますけどね。