疲れていると頭も体も働かなくて、ただ時間だけが過ぎていきます。
ボーっとしたまま勉強や仕事をしていても進みません。
イミダペプチドで疲れを取ってから勉強や仕事をしたほうが効率が良いですよね。

イミダペプチドを取ろうと思いましたが、水に溶けるようです。
鶏胸肉やマグロを蒸すと、どうしても栄養が全て取れません。
スープにすれば全部取れるので、どうやって作るのか調べてみました。

栄養ドリンクではダメ

多くの人は疲れを取るために栄養ドリンクを飲んでいます。
たしかにスーパーやコンビニに売っていて手に入れやすいですよね。
あなたも「疲れた」と言っている友だちに栄養ドリンクを差し入れしたことがあるかもしれません。

しかし栄養ドリンクは一時的に疲れが取れた気になるだけで、根本的な原因は解決していません。
「興奮させるだけ」といってもいいでしょう。

イミダペプチドとは何なのか

表面的に疲れを取るだけの栄養ドリンクではなく、イミダペプチドがオススメ。
しかしイミダペプチドとは何でしょうか?
初めて聞く人は虫の名前だと思うかもしれません。

イミダペプチドは疲れの原因「活性酸素」を取ってくれる栄養素。
金属がサビると使い物にならないように、人の体も活性酸素がたまると病気になりやすくなります。
疲れはもちろん病気になんてなったら困りますよね。

イミダペプチドは抗酸化作用があるので、活性酸素を抑制、除去してくれますよ。

 

 

イミダペプチドを多く持っている動物の代表例が渡り鳥。
休憩せずに何千キロも飛び続けるのはすばらしいですよね。

イミダペプチドは渡り鳥だけでなく、いろいろな動物が持っています。
全身に均等に含まれているのではなく、疲れがたまりやすい場所にたくさん。

 

  • 鳥は胸
  • 人間は脳
  • 魚は尾びれ

 

のような感じです。

 

 

イミダペプチドは

 

  • テレビ
  • 新聞
  • 雑誌

 

などいろいろなメディアで紹介されているので、効いたことがあるかもしれません。

現代人にとって疲れは無視できない問題です。
どんどんイミダペプチドが有名になっていくかもしれませんね。

イミダペプチドは15億円以上の費用をかけた産官学連携抗疲労プロジェクトで発見されました。

 

  • 政府
  • 有名大学
  • 製薬会社

 

などが現代人の疲れの問題を解決するために、真剣に研究した結果ですね。

イミダペプチドのスープを自分で作る

イミダペプチドは普段の食事にもたくさん入っています。

特に

 

  • 鶏胸肉
  • マグロ
  • カツオ

 

などに多く含まれていますよ。

スープを作るなら鶏胸肉がオススメ。
100g110円ほどでコスパもいいので、ぜひ挑戦してみてください。

スープの作り方

 

  1. お湯を沸騰させる
  2. 鶏胸肉を入れる
  3. 弱火で10分ゆでる

 

の3ステップでできます。

鶏胸肉は生で食べると食中毒になる可能性があるため、じっくりゆでてください。
おいしくするためにアクを取るのもお忘れなく。

 

 

 

  • ゴマ
  • ネギ

 

などをトッピングするとおいしいですよ。

さまざまな料理に合って、おかずにピッタリです。
イミダペプチドは水に溶けるので、ゆで汁を捨てないようにしてください。

鶏胸肉はスープ以外にもいろいろな料理に使えます。
「イミダペプチドは水に溶けるので、捨てない」を忘れないようにしてください。

イミダペプチドのスープも売っている

イミダペプチドの最大手「日本予防医薬」もスープを売っています。
送料無料なので一度試してください。

300個限定ですぐに完売してしまいます。
毎年販売し応募する必要があるため注目しておきましょう。
値段は10袋で1,500円。

ファミレスでスープを頼むと考えればかなり安いですね。

 

 

 

  • 牛肉が入ったコンソメ
  • 100%北海道産のコーンを使ったコーンクリーム

 

の2種類があります。

一口食べただけでも自然なおいしさを感じられるでしょう。

スープの作り方

 

  1. コップに100mlほどお湯を入れる
  2. スープの素を入れる
  3. 20秒箸やスプーンで混ぜる
  4. 1分待つ

 

だけでイミダペプチドたっぷりのスープを楽しめますよ。
先にお湯を入れたほうが溶けやすいので、順番を守ってください。
どうしても料理の時間を取れないときはサプリもオススメ。