「最近疲れやすい」と感じる人は少なくありません。

疲れていると頭も体も働かなくて、ただ時間だけが過ぎていきます。
命と=である時間を無駄にするのは、もったいないですよね。

人間なら疲れてしまうのは当たり前です。
慢性疲労で悩んでいる人は少なくありません。
しっかり解決しなければいけない問題ですね。

ボーっとしたまま勉強や仕事をいくらやっていても進みません。
イミダペプチドで疲れを取ってから勉強や仕事をしたほうが効率が良いですよね。

 

 

イミダペプチドを取ろうと思いましたが、水に溶けるようです。
鶏胸肉やマグロを調理するときは、イミダペプチドが溶けだした水を捨てないように注意してください。

スープにすればイミダペプチドを全部取れるので、どうやって作るのか調べてみました。

疲れとはどんな状態なのか

「疲れ」と聞いて、あなたは何を想像しますか?
明確にイメージするのは難しいですよね。

疲れは活性酸素が細胞を傷つけ、本来のパフォーマンスが出せない状況です。
人も怪我していたら全力を出せませんよね。
「疲れている状態でもがんばれ!」というのは、足を骨折している状態で「全力疾走しろ!」と言っているのと同じ。

細胞のダメージを回復してから、がんばったほうが長期的に考えると何倍もマシです。

病院に行ってもダメ

病気になったり怪我をしたりすると、病院に行く人が多いです。
けれども疲れは病気でも怪我でもないので、病院に行っても意味がありません。
薬では治らないので行かないほうがいいでしょう。

栄養ドリンクではダメ

多くの人は疲れを取るために栄養ドリンクを飲んでいます。
たしかにスーパーやコンビニに売っていて手に入れやすいですよね。
あなたも「疲れた」と言っている友だちに、栄養ドリンクを差し入れしたことがあるかもしれません。

しかし栄養ドリンクは一時的に疲れが取れた気になるだけで、根本的な原因は解決していません。
「興奮させるだけ」といってもいいでしょう。

イミダペプチドとは何なのか

疲れの原因を取り除く

表面的に疲れを取るだけの栄養ドリンクではなく、イミダペプチドがオススメ。
しかしイミダペプチドとは何でしょうか?
初めて聞く人は虫の名前だと思うかもしれません。

イミダペプチドは疲れの原因「活性酸素」を抑制したり除去したりしてくれる栄養素。
金属がサビると使い物にならないように、人の体も活性酸素がたまると病気になりやすくなります。
疲れはもちろん病気になんてなったら困りますよね。

イミダペプチドは抗酸化作用があるので、活性酸素を抑制、除去してくれますよ。

どのように疲れを取るのか

疲れの原因「活性酸素」は名前の通り酸化させる力が強く、体をサビた状態にしてしまいます。
イミダペプチドは抗酸化作用があるので、サビを取るイメージですね。
活性酸素を抑制、除去してくれます。

イミダペプチドの威力が強い理由

もう少し詳しく見ていきましょう。
イミダペプチドは体内に入ると

  • カルノシン
  • アンセリン

と2つに分解します。

血液中を移動し疲れがたまっている場所を探します。
見つけたら疲れがたまっている場所で再合成し、活性酸素を抑制、除去してくれますよ。
夏バテにもオススメです。

どんな動物が持っているのか

イミダペプチドを多く持っている動物の代表例が渡り鳥。
休憩せずに1万km近く飛び続けるのはすばらしいですよね。
1年間だと10万kmも飛びますよ。

渡り鳥の持久力の秘密は胸肉に含まれるイミダペプチド。
胸は羽を動かす部分で、一番疲れがたまりやすいです。

 

 

イミダペプチドは渡り鳥だけでなく、いろいろな動物が持っていますよ。
全身に均等に含まれているのではなく、疲れがたまりやすい場所にたくさん含まれています。

  • 鳥は胸
  • 魚は尾びれ
  • 牛と豚はモモ

のような感じ。

人間も脳にイミダペプチドを持っています。
けれども年を取るにつれて体内で作る能力が衰えるので、外部から取らなければいけません。

 

 

イミダペプチドは

  • テレビ
  • 新聞
  • 雑誌

などいろいろなメディアで紹介されているので、効いたことがあるかもしれません。

現代人にとって疲れは無視できない問題です。
イミダペプチドがどんどん有名になっていくかもしれませんね。

 

 

 

イミダペプチドは15億円以上の費用をかけられた産官学連携抗疲労プロジェクトで発見されました。

  • 政府
  • 有名大学
  • 製薬会社

などが現代人の疲れの問題を解決するために、真剣に研究した結果ですね。

大学の実験

大阪市立大学で

  • 体力
  • 回復力

が上がったデータもあります。

血液のデータもあるので、信用できそうですね。

2009年に2ヶ月イミダペプチドを飲んだ例もありました。
取ったグループは取らなかったグルーぷに比べて、1.2倍ほど疲れが取れています。
最低2週間、できれば2ヶ月くらい取るのが良いですね。

鶏胸肉でスープを作る

鶏胸肉は健康的

食品の中でイミダペプチドの量が一番多いのが、鶏胸肉。

低脂質高タンパクで健康的ですよ。
低カロリーなので、ダイエットにもピッタリ。
体調を整えるビタミンも入っていて、栄養たっぷりですね。

  • 体が軽くなる
  • 睡眠の質が上がる

と評判です。

 

 

イミダペプチドは普段の食事にもたくさん入っています。

特に

  • 鶏胸肉
  • マグロ
  • カツオ

に多く含まれていますよ。

けれどもスープを作るなら、イミダペプチドの含有量が一番多い鶏胸肉がオススメ。

安い

鶏胸肉は「100gで90円ほど」と、コスパ抜群です。
大人1人が1日に必要なイミダペプチドの量は200mg~400mgです。
鶏胸肉100gにイミダペプチド200mg含まれているので、イミダペプチドの量も十分。

人数や飲む日数によって、鶏胸肉の量を調整してください。

スープの作り方

注意点

スープを捨てない

イミダペプチドは水に溶けるので、スープは捨てないでください。
イミダペプチドを漏らすことなく取れるスープは、良いですね。

加熱しすぎない

長時間強火で加熱すると硬くなります。
余熱でじっくり火を通してください。

1鍋に水を入れて火をつける

水の量は人数や食べる日数によって調整してください。
水の量が多すぎて熱湯がこぼれたら危ないです。
基本的に鍋半分くらいまでにしましょう。

2昆布を入れる

一番最初に入れるのは昆布。
海藻は栄養がたっぷり入っています。

3粉末ダシと塩を入れる

スープのベースになります。

4鶏胸肉を入れる

一時的に温度が下がりますが、気にしないでください。
お湯に水を入れて温度が下がるのと同じです。

5沸騰するまで待つ

鶏胸肉は生で食べると食中毒になる可能性があるため、一度沸騰させましょう。

6沸騰したら火を止める

フタをして余熱で1時間ほど火を通します。
柔らかくておいしい鶏胸肉になっているでしょう。
忘れないためにスマホなどでタイマーをかけておくと良いですね。

7アクを取る

アクを取らなければ苦いです。
おいしく食べるために、アクを取るのは欠かせません。

トッピング例

先ほど紹介したレシピだけでも、おいしくて栄養たっぷりのスープができます。
けれどもさらに上を目指したい場合にオススメのトッピングを試してみてください。
ここに載っていない、あなたが好きなものを入れてもいいでしょう。

  • ゴマ
  • ネギ
  • 醤油
  • ごま油
  • ニンジン
  • ショウガ
  • 大根
  • わかめ
  • タマネギ
  • ニンニク
  • みりん
  • 砂糖
  • ラー油
  • 唐辛子
  • 豆板醤

などをトッピングするとおいしいですよ。

 

 

野菜のほうが鶏胸肉より火が通りやすいです。
野菜を入れるなら、鶏胸肉の後に入れてください。
卵は半熟など好きな硬さに調整するために、最後に入れましょう。

特にオススメなのがニンニク。
アリシンという成分が疲れを取ってくれますよ。

クエン酸をトッピングする

  • 梅干し
  • 黒酢
  • レモン

などもオススメ。

 

 

鶏胸肉スープはさまざまな料理に合って、おかずにピッタリです。
お酒にも合いますよ。

醤油などを鶏胸肉に浸透させるために、時間を置くのもいいですね。
熟成した鶏胸肉スープになるでしょう。

サラダチキンなど、鶏胸肉とスープは別で取っても構いません。
大切なのはゆで汁を捨てないことです。

 

 

「毎日作るのが大変」と思う場合は、冷蔵や冷凍で保存すると良いですね。
カロリーが気になる場合、皮無しの鶏胸肉を使ってください。

鶏胸肉スープに飽きてしまったとき

いくら「疲労回復のため」といっても、毎日鶏胸肉スープだと飽きますよね。
鶏胸肉はスープ以外にもいろいろな料理に使えます。

応用した料理を紹介するので、参考にしてください。
「イミダペプチドは水に溶けるので、捨てない」だけ忘れないようにしてください。

  • 台風鶏麺
  • チキンナゲット
  • 麻婆豆腐
  • たたき
  • 鶏胸肉チャーシュー
  • 野菜炒め
  • パスタ
  • カレー

鶏胸肉は直接炙る以外なら加熱しても問題ありません。
もし直接炙る場合は、短時間にしてください。

オススメ料理

特にオススメなのが蒸し鶏。
まず鶏胸肉を切り、皿に載せてください。
あとはラップをつけて5分間電子レンジで加熱するだけです。

湯気でイミダペプチドを逃さないために、ラップをかけるのが大切です。

  • ショウガ
  • ネギ
  • 醤油
  • オクラ
  • ゴマ
  • 青じそ
  • ポン酢
  • かぼちゃ
  • トマト
  • 塩コショウ

などをトッピングするとおいしいですよ。

蒸し鶏をサラダに使ってもいいですね。
冷蔵庫の大掃除にピッタリです。

調理がめんどくさいとき

鶏胸肉はしっかり火を通す必要があるので、「めんどくさい」と感じるときもありますよね。
イミダペプチドのサプリを使えば、調理の手間がかかりません。

たとえばドリンクタイプは30mlの瓶1本で200mgのイミダペプチドが取れます。
イミダペプチドの1日の摂取目安量が200mg~400mgなので、2本飲んでもOK。

キャンペーン中で特別価格なので、試してみてはいかがでしょうか?

→イミダペプチド・効果を感じやすいドリンクタイプの公式サイト
→イミダペプチド・持ち運びやすいソフトカプセルの公式サイト

日本予防医薬がイミダペプチドのスープを売っている

日本予防医薬とは

イミダペプチドを初めて商品化したイミダペプチドの最大手「日本予防医薬」もスープを売っています。

有名企業なので、安心して飲めますね。
日本予防医薬の大きな特徴は確証マーク。

  • ドリンクタイプ
  • ソフトカプセル

などイミダペプチドが200mg以上入っている商品は確証マークがついていて、イミダペプチドをどのくらい取っているか一目で分かります。

 

 

日本予防医薬のスープは1袋にイミダペプチドが200mg入っているので、1日に2食~4食分飲んでください。

限定商品

日本予防医薬のスープは冬だけの期間限定なので、時期によっては売っていないことがあります。
数量も300個限定なので、すぐに売り切れてしまうかもしれません。

「いつ販売するか?」を知るために、日本予防医薬のメルマガを取ると良いですね。
商品を何か買っておけば、メルマガで教えてくれますよ。

 

 

WEBだけでなく電話でも注文できるので、一度試してください。
送料は無料でした。

どんな味があるのか

コーンポタージュ

北海道産のトウモロコシを100%使っています。

  • タマネギ
  • ニンジン
  • パセリ

などを使い、おいしくしています。

クラムチャウダー

コンソメ

アサリのエキスが入っていて、うま味を感じます。

他の具材は

  • 野菜
  • チーズ

などですね。

コンソメ

牛肉が入っているスープ。
合計3種類で、一口食べただけでも自然なおいしさを感じられるでしょう。

味は普通の

  • コーンポタージュ
  • クラムチャウダー
  • コンソメスープ

と一緒です。

普段の食事に一杯加えるだけで、疲れにくい体を手に入れられるのは、うれしいですね。

いくらなのか

値段は10袋で1,500円。
ファミレスでスープを頼むと考えればかなり安いですね。
3箱セットで売っていることが多いです。

3箱セットだと4,500円で送料無料。
Amazonでも売っていますが、日本予防医薬の公式サイトで買うと、ポイントがつきますよ。

決済方法を知りたい

  • クレジットカード
  • 代引き
  • 銀行振込
  • コンビニ決済

など、いろいろあります。

あなたが好きな方法で決済してください。

どのように届くのか

クロネコヤマトの宅急便で届きます。
箱を開けると、銀の袋がたくさん。

箱には商品名が書いてありますが、小分けしている袋には書いてありません。
分からなくならないように、使わない袋は箱に入れておきましょう。
もしものときのために、マジックなどで商品名を書いておくのも良いですね。

スープの作り方

  1. コップに100mlほどお湯を入れる
  2. スープの素を入れる
  3. 20秒箸やスプーンで混ぜる
  4. 1分待つ

だけでイミダペプチドたっぷりのスープを楽しめますよ。
先にお湯を入れたほうが溶けやすいので、順番を守ってください。

ダマにならないように、よく混ぜましょう。
お湯を使うので、ヤケドに注意してください。
どうしても料理の時間を取れないときはサプリもオススメ。

特別価格ですし、一度試してみてはいかがでしょうか?

→イミダペプチド・効果を感じやすいドリンクタイプの公式サイト
→イミダペプチド・持ち運びやすいソフトカプセルの公式サイト
0 イミダペプチドを鶏胸肉スープで取るにはどうすればいいのか