人間の体は食べた物で作られるので、疲れを取りたいときは食事にこだわりましょう。
鶏胸肉はイミダペプチドがたくさん入っていますが、皮つきだと高カロリーです。

ささみなら皮がついていなくて、カロリーも半分ほど。
もしささみにもイミダペプチドが同じくらい入っているなら、ささみも食べてみたいです。
鶏胸肉とささみでイミダペプチドの量はどのくらい違うのか調べてみました。

イミダペプチドの疲労回復効果

改めてイミダペプチドについて考えてみましょう。
なぜイミダペプチドは疲労回復効果があるのでしょうか?
どうせなら仕組みも知りたいですよね。

人間は活動すると活性酸素が発生し、細胞を傷つけます。
イミダペプチドには体の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、活性酸素を抑制、除去してくれますよ。

実際に実験してみた

たしかにすごそうですが、言葉で言われただけではよく分かりませんよね。
本当に効果があるのか実験しました。

イミダペプチドを

  • 取るグループ
  • 取らないグループ

に分けて運動後の疲労度を数値化しました。

 

 

イミダペプチドを取ったグループは取らなかったグループに比べて、疲労路は半分。
数値で出ると分かりやすいですよね。
体だけでなく精神の疲労にも効果的ですよ。

安全なのか

どんなに効果がある成分でも副作用があったら嫌ですよね。
特に効果のある薬は副作用があることがほとんど。

イミダペプチドは元々体の中にある成分なので安心してください。
年を重ねて減った分を補給するイメージですね。
体にない成分に比べて吸収しやすいのも特徴です。

  • 鶏肉
  • 豚肉
  • 牛肉
  • マグロ
  • カツオ

など普段の食事にもたくさん入っていますよ。

1ヶ月取り続ける実験をしましたが、問題ありませんでした。

栄養ドリンクとどう違うのか

栄養ドリンクはコンビニにも売っていて、手に入れやすいですよね。
しかし栄養ドリンクに含まれるカフェインは依存しやすいので注意。
飲み続けると体が慣れてしまい、少しずつ効かなくなりますよ。

一時的に興奮させるだけで根本的な疲れは解決していません。
頻繁に飲むのではなく、大事なときだけ飲んでください。

鶏肉はイミダペプチドがたっぷり

渡り鳥が何週間も休憩なしで飛び続けられる理由は、イミダペプチドをたくさん持っているから。

イミダペプチドの量は100gあたり

  • 鶏胸肉は200mg
  • 鶏もも肉は50mg
  • ささみは50mg以下

ですよ。

「疲れがたまりやすい部位に多い」と思ってください。
イミダペプチドは1日200mg以上取ることが推奨されているので、ささみよりも胸肉のほうが良さそうですね。

コスパ抜群

鶏肉は「100gで100円ほど」とコスパが良いです。
2週間以上続ける必要があるので、コスパはとても大切。

料理する時間が無いとき

もし料理する時間がなければそのまま食べられるサラダチキンを買いましょう。
コンビニにも売っているので、手に入れやすいでしょう。

鶏肉は高タンパク低脂質で、筋トレにもよく使われます。
健康的な食品なので、ダイエットしている女性にもオススメ。

鶏胸肉とささみの違い

胸肉とささみは、部位でいえば隣同士です。

 鶏胸肉(皮つき)鶏胸肉(皮なし)ささみ
100gあたりのカロリー200kcal100kcal100kcal
値段100円100円130円
脂質少ない少ないすごく少ない

鶏胸肉は皮つきが多く、

 

  • カルシウム
  • ビタミン

 

などの栄養素が入っています。

もちろんですが、ささみは皮がついていません。

どのように料理するのか

鶏肉は蒸したりスープにするのがオススメ。
イミダペプチドは水に溶けるので、茹でたときの汁は捨てないでください。

サプリもオススメ

イミダペプチドの効果を実感するためには、2週間以上毎日取り続ける必要がありますが、大変ですよね。
しかしサプリなら飲むだけなので簡単。

日本予防医薬のイミダペプチドは

 

  • 送料無料
  • 半額以下の980円

 

のキャンペーンをやっています。